Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セカンドピアスのオススメの太さ!期間はいつまで?付け方も紹介!

こちらの記事では、おすすめセカンドピアス選び方や付け方などをご紹介させて頂きます。

セカンドピアスは、ピアスホールを綺麗に完成させる為に、実はとても重要な存在なのです!!

セカンドピアスのおすすめの太さって?期間はどれ位付けるもの?

初めてピアスを空ける方・追加でピアッシングを考えている方!必見です!

Sponsored Link

 

そもそもセカンドピアスって何?

簡単に説明すると、ピアスを開けてから初めて付けるピアスを『ファーストピアス』、次に付けるピアスを『セカンドピアス』と言います。

  • ファーストピアス…ピアスホールを開けた直後の、穴や皮膚の初期安定のため着用します。
  • セカンドピアス…ピアスホールを長期的に安定させるため着用するものです。

ピアスを空けてからピアスホール内が安定するまでは、とてもデリケートな期間ですので、慎重なアフターケアが必要です。

いつ頃ファーストピアスからセカンドピアスへ変えたらいいの?

耳たぶの場合、ファーストピアスからセカンドピアスへ変えるタイミングは、大体1~2カ月頃です。(軟骨などの部位は、半年~1年)

ピアスホール内の皮膚はとても傷つきやすく、安定するまで約1年かかると言われています。

化膿してしまったり、痛みを伴うトラブルに遭わない為にも、セカンドピアス選びは重要です。

せっかく空けたのに、痛くてピアスが全然楽しめない!…なんてことにならないよう(*’ω’*)

個人差がありますが、目安は赤みや痛みがなくなったら…いよいよセカンドピアスへステップアップしましょう!

Sponsored Link

 

セカンドピアスの選び方

おすすめの太さ・長さ

ファーストピアスの太さは、1~2mm程度で、
ファッションピアスは、約0.6~0.7mm程度の商品が多いです。

細いものを選んでしまうと、ピアスホールが小さくなってしまうことがある為、
セカンドピアスの太さは、1mm前後がおすすめです。

長さは、ピアスホールを清潔に保つためにも、軸が長いものを選びましょう。

8mmあると安心です。

注意
ピアスは試着や返品ができないことが多いので、失敗のないように選びたいですね。

素材

セカンドピアスの素材は、18K・プラチナ・チタンがおすすめです!

特にチタンはアレルギーを起こしにくく、軽い金属なのでピアスホールへの負担が少ないのと、光に当たると抗菌作用が働き清潔さに保てるという特徴があります。

デザイン

セカンドピアスのデザインはフックタイプやチェーンタイプのものは、ピアスホールに負担がかかる為、シンプルな真っすぐでキャッチで付けるもの(スタッドピアス)を選びましょう。

早く好きなデザインを楽しみたいところですが、あと少しの我慢です。

POINT
ヘッドが小ぶりなものはピアスホール内に埋もれやすので、小さすぎない適度なデザインを選ぶのもコツです。

セカンドピアスはどれくらいの期間つければいいの?

セカンドピアスは最低1カ月は付けっぱなしにして過ごしましょう。

ピアスの周辺が汚れてきたら、綿棒などで優しく取り除き、清潔に保つことをおすすめします。

ピアスホールが徐々に安定してきたら、ピアスホールを傷つけないように気を付けながら、2週間に1回程度でピアスの交換を行うなどの頻度を増やしていきます。

まとめ

ピアスホールが安定すると、ピアスの抜き差しが痛みなくスムーズに出来るようになります。

セカンドピアスの時期は、これから先のピアスをトラブルなく楽しむためにも、ピアスホールを安定させる一番大切な期間です。

オシャレを楽しむ為にも、気長にケアをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です