Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セルフカットでボブを前下がりに仕上げるコツは?

前下がりボブって、芸能人もしていてとってもおしゃれですよね。

美容室に行く時間がなくても、前下がりボブにチャレンジしたいって人もいると思います。

そんな時は思い切ってセルフカットしちゃいましょう!

セルフカットはコツさえ掴めば色んな髪形を作れるんですよ。

Sponsored Link

 

まずはボブにしてみよう

いきなり前下がりボブにしよう!と思っても、実際はボブの形を作ることから始めなくてはいけません。

そのため、前下がりボブにするコツを知る前にまずはセルフカットでボブにする方法を知っておきましょう。

 

ここでは、本来であればブロッキングをして、ハサミでカットしてその後すきバサミで調整…というセルフカット方法ではなく、カチューシャとバリカンを使用する方法をご紹介します!

最初に、切りたい長さの部分にすきバサミですいておきます。そうすることによってバリカンを入れた時に刈りやすくなり、髪の毛が扱いやすくなりますよ。

次に、カチューシャを付けて、おでこから後頭部に向けて、希望している長さまでずらしていきます。希望の長さまでずらせたら、今度は左右がまっすぐになっていることを確認してください。

そして、カチューシャがずれないように手で固定しながら、バリカンで刈っていきます。

この時、しっかりと固定していないと手元がずれてしまうので、不恰好なボブに仕上がってしまいます。

そうならないためにも手で固定する時はしっかりと押さえておくようにしてください。

バリカンを入れる範囲は大体耳の後ろからぐるりと刈ります。終わったら、耳の横の刈り残りをハサミで調整していきます。

 

ここで、前下がりボブを希望している人は、耳の後ろの髪の毛を残して、後ろ髪だけカットするようにしてくださいね。

後ろ髪もちょっと長めに残しておくことがポイントです。

Sponsored Link

 

前下がりボブにするコツ

大体のボブのシルエットができあがったら、次は前下がりを作っていきます。

前下がりをイメージしていると、左右の角度が合わない…といった悩みを抱えるかもしれません。

確かに、何となくの角度でカットしていくと左右のバランスがとれないことも多いですが、きちんと角度を決めておけば問題ありません。

角度を決める、というのは人指し指の角度です。

難しくない?と思うかもしれませんが、ちょっとのずれは全体的に見た時にそこまで違和感を感じさせません。

なので、ある程度の角度を人指し指で決めてしまう方が効率が良いです。

3つ程度のブロッキングをして、後ろ髪を持ち、耳の方向に引っ張ります。そして、角度をつけた人指し指に沿ってハサミを入れていきます。

角度をつけたい場合は後ろ髪は短めにする必要はありますが、慣れていないうちは慎重に行う必要があるので、緩やかな角度をつけることから始めましょう。

後ろ髪から徐々にサイドの方まで角度をつける長さを変えながらカットしていき、一旦全体を鏡で確認します。

そこからまた、少しずつハサミで調整していくとキレイな仕上がりになりますよ!

Sponsored Link

 

小顔効果がある前下がりボブ

前下がりボブは小顔効果があることでも人気です。

特に、顔の形が丸い人にとっては通常のボブだと少し膨張して見えることもあるので、前下がりにすることによってほっそりと小顔に見せることができるんですよ。

 

なぜ、小顔効果があるのか、というと前下がりにすることによって、全体をひし形にまとめることができて、あごをシャープに見せることができるからです。

サイドが長めに保たれるので、顔の周りを隠すことができるのも小顔効果の要因の一つです。

また、丸顔の方は前下がりボブにする時は、できればおでこを見せるようにしましょう。

前髪を作ると可愛らしさは強調できますが、同じように丸顔も強調されてしまいます。

ワンレングススタイルか斜め前髪にすると縦のラインが強調されてすっきりしますよ!

 

セルフカットでボブを前下がりに仕上げるコツは?まとめ

ボブカットはおしゃれですが、こまめに手入れをしなくてはいけないなど、なかなかケアするのは大変ですよね。

セルフカットでボブが実現できれば、嬉しいですよね。

ぜひ、セルフカットのボブカットでおしゃれをしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です