Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ピアスホールが安定しない!1年・3年は普通?膿や黒いカスが出て痒い対処法!

ピアスホールが完成するまでに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

調べてみると、3年経過してもピアスホールが安定しない、なんていう人もいることがわかりました。

ピアスを開けたいけど、ピアスホールがちゃんと安定するか不安だなぁ。

今回は、ピアスホールが安定しない原因と、その対処法についてご紹介します。

Sponsored Link

ピアスホールが安定するのはいつ?安定したサインは?

ピアスホールが安定するまでにどれくらいかかるの?

ピアスホールを開けたら、早くかわいいピアスをつけたいですよね。

目安としては、3か月くらいで安定してくる人が多いようです。

でも、3か月過ぎても安定しないからといって、イライラや焦りは禁物です!

ピアスホールが安定する時期は、その人の体質や体調によって異なるのです。

 

1年以上かかった人や、3年かかっても安定しない人もいて、個人差があります。

「3か月たったから、ファーストピアスを外してみよう!」というような判断は絶対にしないでください!

ファーストピアスを外すには、しっかりとピアスホールの状態を見て判断する必要があります。

 

ピアスホールが安定したサインは?

では、ピアスホールが安定したといえるのは、どういう状態でしょうか。

POINT
      • 膿や血が出ていない。
      • 痛みがまったくない。
      • ピアスを水平に動かすことが容易にできる。
      • ピアスホールとピアスの間にすき間ができている。
      • 皮膚がピアスホールに向かってくぼんでいる。

耳とピアスの状態を確認し、このような状態であれば、ファーストピアスを外してOKのサインです。

繰り返しますが、ファーストピアスを早めに外すことは、ピアスホールの完成を遅らせます。

「ちょっと長すぎるかな?」というくらい、長めの期間ファーストピアスをつけたままにしておくことが、安定までの近道です。

Sponsored Link

ピアスホールが安定しない原因は?

ファーストピアスを外すのを早まらない

ピアスホールが安定しない原因として考えられる一番の原因は、「早めにファーストピアスを外してしまうこと」です。

まず、開けてから3日くらいまでは、洗浄するとき以外、できるだけ刺激を与えないようにします。

3日以降から徐々にピアスホールの薄皮ができて、痛みや分泌物もなくなりますが、まだ薄皮の状態なので、刺激を与えてはダメです。

厚皮ができるまで、最低でも3か月かかると思って辛抱しましょう。

 

適切なファーストピアスを選ぶ

前述してきたように、ファーストピアスは長い期間つけたままにするので、傷口と金属が長く触れ合うことになります。

金属アレルギーが発生しやすい素材のファーストピアスを選んでしまうと、ずっとジクジクして安定してきません。

ファーストピアスには、金属アレルギーになりにくい素材を選びましょう。

おすすめの素材 使用されているもの
純チタン ペースメーカーなどの体内に埋めこむ医療器具など
サージカルステンレス 医療用のメスやハサミなど

 

また、ファーストピアスの太さも重要です。

最低でも、16G(ゲージ)=1.2mmのものにしてください。

あまり細いとピアスホールができにくく、外してもふさがりやすくなってしまいます。

 

不衛生な状態にしない

ファーストピアスを開けたら、しっかりとアフターケアをしていきましょう。

お風呂で洗うときは、石鹸を泡立てて、ピアス周辺をやさしく洗います。

ピアスジェルなどを使う場合は、ピアスホールの前後にジェルを塗り、水平に動かして洗います。

どちらもしっかりと洗い流したら、綿棒などで水分をふきとってください。

ピアスを開けて1か月間は、1日2回の洗浄が望ましいです。

 

石鹸、シャンプー、整髪料などがピアスホール周辺に残ると、炎症を起こしやすくなりますので、きちんと洗い流してくださいね。

また、カラーリング液やパーマ液は刺激が強いので、ピアスホールが安定するまでは避けた方が無難です。

 

刺激を与えない

ピアスホールが安定するまでは、ピアスホールに負担がかかるようなことは避けましょう。

ピアスホールを開けた耳を下にして寝ない、服の着脱時にひっかけない、ということに注意が必要です。

ピアスホールが気になって、ちょくちょく触ってしまうのもよくありません。

洗浄するとき以外は、耳に負担がかからないようにしましょう。

Sponsored Link

ピアスホールが安定しないときの対処法はあるの?

ピアスホールが安定しないのは、トラブルのサイン。

ピアスホールは、傷口です。

人間には、傷の治癒能力がありますので、時間がたてば安定していくものです。

いつまでたっても痛い、膿や血が出るといった状態であれば、何らかのトラブルがあるといえます。

必ず皮膚科を受診するようにしてください。

 

血や膿が出る場合

ピアスホールから血が出るのは、まだピアスホールが傷ついているからです。

膿が出る場合は、ピアスホールが細菌感染していると考えられます。

薬局で買う場合は、薬剤師さんに聞いて、抗生物質入りの塗り薬をもらいましょう。

数日塗っても治らない場合は、必ず皮膚科に行ってくださいね。

 

黒いカスが出る場合

黒いカスは、垢の可能性があります。

耳のあたりは汗や皮脂がつきやすい場所ですので、垢がたまりやすいですから、気をつけて洗う必要があります。

また、ピアスに使われている金属の色素が、黒いカスになっている場合もあります。

お風呂に入ったときに石鹸でやさしく洗って、清潔を保つようにしてください。

 

痒い場合

ピアスホールが痒いのは、金属アレルギーの可能性が大きいです。

金属アレルギーは突然発症することもあるので、今まで大丈夫だった人も注意してください。

金属アレルギーが起こりにくいといわれる素材も、体質によっては発症します。

放っておくと全身に痒みが回る可能性があるので、痒みが強い場合は必ず皮膚科を受診してください。

 

ピアスホールが安定しない!1年・3年は普通?膿や黒いカスが出て痒い対処法!まとめ

ピアスホールがなかなか安定しないと、焦ったりイライラしたりしてしまいますね。

早く安定させるためには、面倒でも、しっかりと清潔を保てるようにしていくことが大事ですね。

また、ファーストピアスはできるだけ長期間つけておいた方が安定しやすいので、開けてからしばらくは辛抱しましょう!

痛みなどの異常がある場合は、早めに皮膚科を受診することも大事ですね。

ファーストピアスの素材をしっかり選んで、清潔を保つことが、ピアスホールを早く安定させるカギですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です