セルフカットに失敗した髪で美容院に行っても良い?恥ずかしい?

美容院が苦手でセルフカットに挑戦する人は案外たくさんいます。

しかし、セルフカットは慣れていても失敗はつきものです。

そこで、実際に失敗した際に修正をしてもらいに美容院に行っても良いのだろうか?恥ずかしい?と悩みます。

どうすると良いのか、考えてみましょう。

Sponsored Link

 

セルフカットの失敗で美容院に行くとすぐバレる!?

今までセルフカットで頑張ってきた人も、初めてセルフカットをした人も失敗することは必ずあります

その時に、セルフカットで失敗したことを内緒にして美容院に行ったとしても、美容師にはすぐにセルフカットしたことがバレてしまいます。

よく「前髪、自分で切ってるんですか?」という言葉を耳にしませんか?

そのように言われた人は、ほとんどの場合が前髪をセルフカットしています。

 

なぜ、美容師にはセルフカットをしているかしていないのかバレれてしまうのか。

それは、髪の知識がない素人がカットしていることと使用しているハサミの違いです。

やはり、美容師が使用しているハサミはローンで購入するほど高価なもので、楽器と同様にハサミも高額なものであればあるだけ綺麗にカットすることができます。

一方でセルフカットしている人が使用しているハサミは、当然安価なものが多いですし、髪の流れや痛みなど関係なくカットしているので、不恰好の状態になりやすいです。

 

そのため、髪のプロが見るとセルフカットしているのか否かは簡単にわかってしまうのです。

セルフカットに失敗したことを内緒にして、美容院に行ったとして、美容師に言われるかどうかは別として必ずバレている、ということは理解しておきましょう。

Sponsored Link

 

セルフカットを失敗した時美容院に行っていいの?

結果から伝えると、悪いわけではない、ということです。

ただ、理想の髪型にはならない、ということもわかっておく必要があります。

切りすぎた場合は、がたつきを直してもらったり整えてもらうことはできますが、セルフカットをする時にイメージしていた髪型になるとは思わないようにしましょう。

また、長さはあるけれどもぼこぼこになってしまたり、バランスが左右おかしくなっているような場合も、短い方に揃えることが普通なので、イメージしていた髪型とは違うものに仕上がります。

失敗した状態を整える、というのは基本的にはプロしかできません。

そのため、多くを望まずにほぼお任せ状態でお願いしてください。

 

また、美容師のほとんどはセルフカットに否定的な意見なので、あまり良い顔をされないかもしれません。

その時に恥ずかしいと思うかもしれませんが、失敗をそのままにしておく方が恥ずかしいので、一時のものだと思って我慢するようにしましょう。

ただ、お客様に対してあまりにひどい言動をするようであれば、その美容院にはもう行かない方がいいかも。

ほとんどの場合は、今後のセルフカットのアドバイスをしてくれたり、美容院に来ることをすすめるような優しい美容師なので、安心してください。

恥ずかしいかもしれませんが、美容院に行った方が綺麗に髪が伸びますよ。

Sponsored Link

 

美容院に行かずにセルフカットの失敗に対処できないか

セルフカットを失敗した!と思う時というのは、大体が切りすぎてしまった時です。

その際に、例えば短い部分の髪の毛に合わせてカットしていくと、どんどん深みにはまってしまうので、一旦カットでどうにかしようと思うのはやめましょう

美容院に行く時間がなかったり、行くのが恥ずかしいと思う場合は、アレンジを覚えておくと良いですよ。

人の目によく映り、失敗がバレやすいのは前髪なので、前髪を切りすぎた時のアレンジをご紹介します。

 

最も簡単な方法は、後ろの髪の毛を前に持ってきて、前髪を作る方法です。

短くなった髪の毛と一緒に流して、ヘアピンで留めると可愛いです。

ただ、後ろから持ってくる髪の毛の量に注意が必要なので、少しずつ持ってくるようにしてください。

また、スタイリング剤を使用して、サイドの髪と一緒に流してしまうのも、大人っぽくなって良いですよ。

最近では、前髪のない髪形のモデルも多く、参考にしてみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です