セーターがハンガーで伸びたときは?型崩れ防止を!洗濯方法・百均やニトリのかける収納を紹介

お気に入りのセータを、みなさんはどのようにして収納していますか?

ハンガーにかけて収納していて、いざそれを着ようとしたとき、肩の部分がハンガー跡で伸びてしまっていた、ということはないでしょうか。

それとも折りたたんで収納していますか?

折りじわが気になってしまって、着ていくのを断念、なんてことありませんか?

大切なセーターが伸びてしまったり、着るのもあきらめてしまったりしないように、型崩れ防止をしましょう。

そんなセーターの伸びてしまった時の対処法、洗濯方法・収納方法を、お得に百均やニトリのアイテムで、簡単にできる方法をご紹介します

お気に入りのセーターは、型崩れしちゃうと本当にがっかりしちゃう。どうしたら跡がついたり、伸びたりしないのか知りたいわ!
セーターの洗濯方法や干し方って、どの方法がいいのかしら。家のクローゼットが狭いから、ハンガーにかける収納のコツも気になる!大切に収納するのに使える、百均やニトリのアイテムがあるのね!早く知りたいわ。


セーターがハンガーで伸びてしまった時の直し方

セーターは、下にもう1枚着ることが多いので、直接肌には触れません

そんなわけで、1度着ただけでは、すぐに洗濯はしないですよね。

ですから、ハンガーにかけて収納することも多いこともあって、着ようとしたときに肩の部分にポッコリとした跡が付いていて困ったことがあるのではないでしょうか。

そんな、ハンガー跡をすぐに直すことができる方法をご紹介します

アイロンを使って直す

アイロンの蒸気を使って直します。

跡が付いてしまったっ部分を軽く引っ張りながら、アイロンのスチームなどを使って蒸気を当てます

ドライヤーを使って直す

跡が付いてしまった部分を、霧吹きで濡らします

あとは、アイロンと同じように軽く引っ張りながら、ドライヤーの熱を2~3分当てます

POINT
セーターのハンガー跡の直し方は、水分を加えて、熱を当てる

セーターの洗濯方法

跡がついてしまった時の対処方法は以上のようにご紹介しました。

次に、セーターの洗濯方法をご紹介します

洗濯機で洗う

洗濯機でセーターやニットを洗うときは、ドライコースで、おしゃれ着用の中性洗剤を使って洗います

裏返してたたみ、ネットに入れることで、毛玉も出にくくなります。

注意
セーターの縮みを防ぐためにも、お湯ではなく、水を使うようにしましょう

手洗いする

手洗いの場合は、同じく中性洗剤で優しく押し洗いをします。

すすぎも同様に、押し洗いします。

注意
途中でセーターを持ち上げたりすると、型崩れの原因になるので注意してください。

また、カシミヤや革・シルク・レーヨン・キュプラ・アセテートなどの装飾がついているような混紡製品は、自分で洗濯するのは危険な場合があります。

そんなときは、クリーニング屋さんに頼むのが確実です。

洗濯方法 洗い方 使用する洗剤
自動洗濯機 ドライコース 中性洗剤
手洗い 優しく押し洗い 中性洗剤

セーターの干し方

セーターの洗い方がわかったところで、次は洗濯したセーターの干し方をご紹介します

セーターやニットの干し方は、ズバリ平干しが正解です。

平干しすることで、伸びずに、型崩れをすることなく干すことができます

百均のアイテムを使って平干しする

セーターを平干しするにあたって、専用の平干し用ハンガーを使ったり、ピンチハンガーの上にのせて干すという方法もありますが、そういったものが無いときに、百均のアイテムが使えるんです。

百均で手に入る、ワイヤーネットを用意してください。

そのワイヤーネットの両端を、クリップハンガーで挟み、そのネットの上に洗ったセーターを広げて平干しします。

注意
直射日光は避けて、風通しの良い日陰に干しましょう。

クリプハンガーが無い場合は、ハンガーに洗濯バサミなどをつけてワイヤーを挟んでも大丈夫です。

セーターをかけて収納する

簡単にハンガー跡を直すことをご紹介しましたが、そもそも、ハンガーで跡をつけずに、伸びないように収納すればいいですよね?

セーターはご存知のように編み物なので、基本はたたみ収納が1番型崩れを防ぐことができます

しかし、狭いクローゼットでシーズンオフの収納スペースを確保するのは大変です。

そこで、ハンガー収納をしたい!となるのですが、型崩れを防ぐを防ぐには工夫が必要です。

クローゼットから取り出そうとしたときに生地がすべって落ちたり、肩にハンガーの跡が付いてしまったりするのはストレスです。

ニトリの吊り下げホルダーを使う

クローゼットでかける収納を実践しようとしたとき、やはりたたみ収納が安心、という場合は、吊り下げホルダーを使うのも1 つの方法です。

ニトリの吊り下げホルダーは、クローゼットのポールに吊り下げるもので、たたんだセーターを1マスに2枚ほど、薄手であれば3枚くらいは収納できます

View this post on Instagram

* * 厚手のニットってハンガーに掛けてると、どうしても型崩れが気になりますよね。 ニットの重みでどうしても、のびてしまうので‥ * 我が家でも分かってはいたものの、今まではハンガーに掛けていました。 でも、今回ニット収納を見直しました。 * ニトリで購入した吊るすタイプの収納に、ニットを畳んで入れる事にしました。 意外に省スペースなのにたくさん入れられるので、求めてたもので満足です☺️ * 詳しい商品詳細についてなどや、ハンガーについてなどは、ブログに詳しく書いてますので良ければ見てください✒ * プロフィールトップページから飛べます✈ * すぐ洗濯しないニットは衣類クリーナーをスプレーして、しばらくハンガーに掛けてから畳んでます。 * * ちなみにpicのニットは写真だと毛玉が凄く見えますが、こういうニットです‥🤣 * * #クローゼット#クローゼット収納#衣類収納#ニット収納#ニット収納方法#ウォークインクローゼット#吊るす収納#吊るす収納ボックス#収納ボックス#ハンガー収納#マワハンガー#ニトリ#ニトリ収納

A post shared by びーちママ (@beachmama1005) on

厚みのあるロングカーディガンも入ります。

6段あるので、たっぷり収納できそうですよね。

重ねていても、横から見えるのですぐに探すことができます

引き出し付きのものを選べば、小物も収納することができます。

お値段も1000円以下と、お財布にもやさしいですね。

ニトリのハンガーにかける

たたむのが面倒だったり、着ていたセーターをちょっと脱いで、置いておきたいときなど、やはりハンガーにかけたくなるでしょう。

そんな時も、ニトリのハンガーが使えるんです!

ニトリの、丈夫で薄型すべりにくいアーチ型ハンガー、が優秀なのはご存知でしょうか。

スチール製の衣類用ハンガーで、3本組299円(税込)と、とってもお得です。

名前の通り、アーチ型なので、肩部分にハンガーの出っ張りがなく、自然なカーブとなっています。

そして、このアーチ型部分はポリ塩化ビニル素材でできているので、すべりにくくなっています

シフォン素材や、薄手のシルクの洋服にも使えます。

 

肩幅部分は42cmで、若干大きめなのですが、出っ張りがないアーチ型なので、どんなサイズでも使うことができます。

一般的なハンガーの重さは50g前後ですが、このハンガーは約70gとやや重めです。

有名なドイツ製のマワハンガーに似ていますが、価格は1/3なのも人気です。

 

ただし、注意しなければならないことがあります。

注意
このニトリのアーチ型ハンガーの注意書きには、「屋内で使用」・「濡れたものはかけない(色移りや変色、カビの発生原因となる)」とあるので、外干しでの使用や洗濯したものをかけるには適していないようです。

たたんでからハンガーにかける

ニトリのアーチ型ハンガーを使わずに、セーターをたたんでからハンガーにかけるという方法もあるので、そのコツをご紹介します。

アーチ型ハンガーにかけるよりはかさばりますが、覚えておいても損はありません。

  1. セーターの袖を合わせて中心から二つに折る。
  2. 脇の部分にハンガーフックの根元がくるようにして、袖をハンガー側に折り、三角の穴部分に通す。
  3. 反対側の身頃部分もクロスさせるように、穴に通す。

この方法を覚えておくと、外出先などでセーターをハンガーにかけることになった場合などでも、セーターが伸びることなくハンガーにかけられます

セーターの洗濯方法・収納方法はいかがでしたでしょうか。

これで、肩のポッコリとしたハンガー跡とはおさらばしましょう!

 

セーターのシーズンが終わったら、しまい洗いをして、防虫対策をしっかりとするのも大切です。

そして、ぎゅうぎゅうに詰めるのではなく、8割収納を目指して収納すれば、また次のシーズンでもストレスなくセーターを着ることができるはずです。

お気に入りのセーターを長く大切に着ていきたいものですね。

ちょっとしたコツで、セーターを長く大切に切られるようになるのね。ハンガーにかけてでセーターを収納する方法、試してみようかな。
百均やニトリのアイテムが使えるのは助かるわ!これで、今度の冬はストレスなくセーターを着ることができそう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です