セルフカットで女性のロングを切るコツ!レイヤーを作るときのコツは?

セルフカットでレイヤーを入れられたら、ますます自分の理想のヘアスタイルになれると思いませんか?

重くなりがちなロングヘアにセルフカットでレイヤーを入れ、毛先に動きのあるヘアスタイルにしていきましょう☆

不器用な人でも実践できる方法をご紹介します。

Sponsored Link

セルフカットで女性のロングを切るコツ!レイヤーを作るときのコツは?~レイヤーとは?

サロン等でレイヤーってよく聞くけど実は知らないって人はここから読んでくださいね。

レイヤーについて簡単に説明していきます!

レイヤーとは、英語で「段」や「階層」という意味になります。

ヘアデザインにおけるレイヤーとは、髪の長さを部分的にカットし段差をつけること。

☝特徴としては、サイド(真横)に引き出した髪を 毛束の上部を短く、下部を長くカットすること

一言でレイヤーといっても、レイヤーには種類があります。今回は覚えておいて欲しい二種類ご紹介しますね。

 

ハイレイヤー

髪の上部からカットして大き目の段差をつける方法

ローレイヤー

ハイレイヤーとは逆に、毛先から段差をつける方法

 

セルフカットでもレイヤーを取り入れると、髪を梳かずに軽めのヘアスタイルを作ることができます。これは嬉しいですよね!

毛先に動きをつけ軽やかな流れを作ることができるレイヤー。

適度な毛量調節をしつつ、ヘアスタイルに動きや軽さを加えたい場合には覚えておきたい方法です!

Sponsored Link

 

セルフカットで女性のロングを切るコツ!レイヤーを作るときのコツは?~必要な道具

セルフカットで必要な道具は簡単に手に入ります。

一度ひと通り揃えてしまうといつでも理想のヘアスタイルをキープしたり、作ったりすることができます♪

 

  • 散髪用はさみ

普段、日常生活で使用している事務用はさみではなく、ドラッグストア等で購入可能な散髪用はさみを必ず準備してください

事務用はさみと散髪用はさみでは切れ味も違い、何より事務用はさみでは髪を痛めてしまう可能性があります。

セルフカット用の散髪用はさみという物も販売されていますので、お家にない場合は散髪用はさみを購入してください。

 

  • 散髪用すきばさみ

カットしたレイヤーを馴染ませていくには必須アイテムとなってきます。

その他に毛量が気になる人、調節したい人はあると便利です♪

すきばさみにはすき率というものがあり、このすき率が低ければ低いものほど

少しずつ髪が切れていく=すかれていく” ということになります。

えー、じゃあどういうものを選んだらいいの?と思ったそこのアナタ!心配ご無用!

初めてセルフカットに挑戦する人や慣れていない人にはこのすき率が、15~20パーセントのものが使いやすくオススメ!

Sponsored Link

 

  • ヘアゴム

100円ショップで売っているようなもので構いません。3~5本あれば十分!

決して輪ゴムで代用なんてしないでください。痛い目を見るのは自分です。

特に女性なら尚更分かるのではないでしょうか?笑

このヘアゴムはブロッキングする際に必要となります。ダッカールやピンでも代用可能です☆

 

  • コーム(又はブラシ)

髪を整えるのに必要となります。

セルフカットに入る前にも、カットし終えた時にも使うこととなります!

目の細かい部分と広い部分があるコームがあると一番ベストですが、お家にある物でも構いません♪

 

大き目の物が2枚あると便利です。

合わせ鏡をしてバランスを見ながらセルフカットは行っていきます。

 

その他であると便利なのが霧吹き。少しだけ濡らしたいときにとっても便利です。

 

セルフカットで女性のロングを切るコツ!レイヤーを作るときのコツは?~レイヤーを作ろう

初めに…レイヤーを作る際には髪は完全に乾かしておいてください

濡れたままだと自分が思っている以上に短くなってしまうので注意。

しかし、クセ(うねり)がある人は霧吹きなどで事前にクセ(うねり)の部分だけ、霧吹きなどで少し濡らしておくと仕上がりが綺麗になってきます☆

濡らしすぎは×!少し湿る程度でOKです!

準備が出来たらロングヘアのレイヤーカットをしていきましょう。

    1. まずは髪をコーム(又はブラシ)で綺麗に整える
    2. 髪はしっかりと4つにブロッキング(後ろ・サイド2つ・前髪)
      1ブロック目…頭頂部から耳の後ろにかけての髪を分け、髪を結ぶ
      2・3ブロック目…残った両側サイド部分をゴムで結ぶ
      4ブロック目…前髪は目尻を垂直に結んだ生え際部分から頭頂部にかけて三角形に取って結ぶ
    3. サイド部分を手に取り、コーム(又はブラシ)で前に向かって梳かす
      この時に髪が床に対して平行になるように真っすぐ持つ
    4. レイヤーを入れたい長さをゴムで結んで印をつけ、その部分を散髪用はさみでカットする
      サイドが同じ長さになるように調整してくださいね!

こうすることでレイヤーを簡単に入れることができます。

髪を持ち上げ、上の部分を真っすぐな状態(床に対して平行)にして切ること!

ただ散髪用はさみでカットしただけでは、ガタガタで綺麗な出来上がりとは言えません。

ここから活躍するのが散髪用すきばさみとなります。しっかり馴染ませていきましょう。

散髪用すきばさみを縦に持ち、レイヤー部分の髪の中間あたりから鏡で全体を見ながらはさみを入れ馴染ませていきます。

馴染んでない気がするとカットしていってしまうのではなく、何日かに分けて馴染ませていく(完成形にしていく)のもひとつのポイントとなります。

特に初心者の人にはこちらの方が良いでしょう。

すきばさみといっても真横にはさみを入れてしまうとたくさん切れてしまうので、使用するときは角度をつけて使うように心がけましょう。

Sponsored Link

 

セルフカットで女性のロングを切るコツ!レイヤーを作るときのコツは?~まとめ

重たい印象になりがちなロングヘアもレイヤーを入れるだけで印象はかなり変わってきます。

長さは変えたくないけど、少しだけヘアスタイルを変えたいという人にはとってもオススメ!

レイヤーを入れて髪を巻くと更に動きが出て違う雰囲気になります♪

今のレイヤーをキープしたい人にもセルフカットはオススメですよ。

道具さえあれば思いついた時、ちょっと時間ができた時にさっと行えるのがセルフカットの良いところです。

他のヘアスタイルにもできます。何よりサロン代が浮くのが大きいですね!

少しだけイメージチェンジをしたい人!まずはレイヤーを入れてみませんか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です