セルフカットでボブヘアをすくときのポイント

女性に大人気のボブヘア。

丸いフォルムが可愛らしいですが、ボブヘアはボリュームが出やすいです。

そのため、セルフカットですく人も中にはいますが、セルフカットですくときにはポイントがあります。

知らないと失敗する可能性が高くなるので、参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

 

ボブカットでボリュームが出る理由

そもそも、髪の毛にボリュームが出てしまう理由を知っているでしょうか?

単に毛量が多いだけと思っている人も多いですが、実は色々理由があります。

特にボブヘアの人は形によってもボリュームが出やすくなるので、こうした理由を知っておくと便利ですよ。

 

まず、毛量の問題は確かに重要です。

しかし、それ以上にボリュームが出て見えるのは髪の毛の太さです。

髪の毛が太いとその分毛量が多く見えるので、まとまりにくさを感じます。髪の毛が太く量も多めという人はこまめにセルフカットですくようにしてください。

次に、カラーやパーマで髪の毛が痛んでいる人もかなり広がりやすくなっているので、ボリュームがあると感じやすいです。

ボブヘアにカラーリングを合わせると、とてもおしゃれなので女性から人気ですが、痛んだ髪の毛をケアしてあげなくては、膨らんだボブヘアに見えてしまいます。

また、もともとクセ毛の人もボリュームが出やすいです。

クセ毛だと髪の毛に水分が不足しているので、乾燥によって髪の毛が広がり、ボリュームが出ているように見えます。

水分がない状態の髪の毛はとても扱いにくく、さらにセルフカットをするとクセ毛が悪化してしまう可能性もあるので、クセ毛の人は美容室に行って相談してみることをおすすめします。

Sponsored Link

 

セルフカットでボブヘアをすく方法

セルフカットをする際に、ボブヘアをすくため、すきバサミだけを用意する人が時々います。

しかし、必ずヘアカット専用のハサミも用意しておきましょう。

理由は、すきバサミだけだと微調整が利かないからです。

また、髪の毛がバラバラと散らばらないように、ケープもあると便利ですよ!インターネットで安いケープがたくさん販売されているので、一度見てみると良いです。

 

必要なものを用意した後は、セルフカットの開始ですが、すくときのポイントがあります。

それはブロッキングすること内側からすくことです。

 

ブロッキングのコツ

ボリュームの出ている髪の毛をそのまますこうとしてもなかなか難しいです。

なので、霧吹きなどで髪の毛を少し濡らしておきます。

目安としては、少ししっとりとさせる程度です。ここであまいにも濡らしてしまうと、すいた時にどのくらい減ったのかイメージがつきにくく、短くなりすぎてしまう可能性があります。

しっとりさせて、ボリュームを落ち着かせたところで、ブロッキングを始めます。

最初に耳の前後で髪の毛を分けて、前方の髪の毛をまとめます。残った後ろ髪を2つに分けて、上・中央・下と3等分します。

セルフカットですくことに慣れていない人は、ここからもう少し細かく分けておくと失敗を防ぐことができます。

左・中央・右、とさらに分けておくと切る量が減るので、より慎重にセルフカットを行えます。

基本的にブロッキングはダッカールピンと呼ばれる髪留めを使用しますが、あまりにも毛量が多い場合はヘアゴムを使用した方がしっかりとまとめることができますよ。

自分の毛量に合わせて決めてくださいね。

Sponsored Link

 

内側からすくコツ

何も知らない状態だと、まとめた毛束をジョキジョキとカットしたくなるものですが、この方法は絶対しないようしましょう。

すきすぎてしまう可能性もありますし、無造作に切ってしまうとより髪の毛を痛めてしまいます。

さらに、基本的には髪の内側からすいていくことがキレイにまとめるコツです。

まず、1番内側の髪の毛をほどき、根元から10cm程度離した部分からすきバサミを入れていきましょう。

根元からジョキジョキすると短くなりすぎて、まとまりのないスタイルになってしまいます。

すく回数は1つの毛束に対して2回程度で問題ありません。

ブロッキングを少しずつほどきながら、同じ方法ですいていくと失敗しにくいですよ。

どんどん、内側をすいていったら、最終段階の髪の毛の表面の部分に到着しますが、この部分はあまりすかないようにしてください。

根元から離して少しすくと良いですが、すきバサミを入れる場所は2ヶ所程度にとどめ、回数も1回ずつすく程度におさえてください。

日頃からできるセルフケア

どれだけセルフカットでボブヘアをすいたとしても、髪質や髪の健康状態によって結果的にボリュームが出てしまうことも多いので、日頃からセルフケアをしていると良いです。

方法は基本的なシャンプーとトリートメントに気を使うことです

シャンプーはボリュームを抑えるタイプのものを使用し、トリートメントは保湿成分がたっぷり入っているものを使用しましょう。

トリートメントは1週間に一度はヘアパックを行うとさらにキレイな髪質に近付きますよ。

また、髪の毛を乾かすドライヤーも髪の毛を痛める要因になるので、乾かす前にヘアオイルを塗ってから乾かすと保湿される上にツヤが出てくるのでボリュームを抑えることに効果的です。

 

セルフカットでボブヘアをすくときのポイントまとめ

このようにちょっとした工夫で髪の毛を改善させたり、ボリュームを少しでも抑えることができます。

ボブヘアは可愛くてぜひおしゃれにキメたいので、悩んでいる人は一度試してみてくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です