オキシクリーンの使い方は?ドラム式の洗濯槽を掃除するなら量は?

今や様々なお掃除の場面で活躍中のオキシクリーン

お風呂でのオキシクリーンの使い方は有名ですが、ドラム式洗濯機の洗濯槽も掃除できるって知ってました?

そんなオキシクリーンの基本的な使い方、そしてドラム式洗濯機の洗濯槽の掃除をするのに必要な量や方法をご紹介します!
Sponsored Link

オキシクリーンでドラム式洗濯機の洗濯槽の掃除に必要な量と方法

では、オキシクリーンを使った洗濯槽の掃除方法と量をご紹介します。

オキシクリーンの量

オキシクリーンの量は3杯ほど(約300g)で足りてしまいます。

足らないようであれば途中で追加してかまいません。

オキシクリーンを使ったドラム式洗濯機洗濯槽の掃除方法

  1. まずはオキシクリーン3杯を、お湯を半分はったバケツによく溶かします。
  2. 洗濯機の中に直接入れます。
  3. 洗濯機の中に、バケツを使って扉ぎりぎりまでお湯をためていきます。
  4. すすぎや脱水をせず、洗うだけのコースで水位を一番低く設定し、4~10分回します。
  5. そのまま洗濯機の中にお湯が残っている状態で3時間放置します。
  6. 扉を開けて、中に浮いてきたごみをネットで取り除いてください。
  7. 再度洗いコースのみで回し、浮いてきた黒カビを取り、これを2、3回繰り返してください。
  8. 黒カビが浮いてこなくなったらすすぎと脱水をします。
  9. パッキン、ドアガラス、排水フィルター、を拭き掃除します。
  10. 最後に普通の洗いコースで洗濯機を脱水までまわして 完了です。

オキシクリーンで洗濯槽を掃除する時のコツや注意点

ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する時のコツ

POINT

洗濯機には耐熱温度があります。

大体45℃~60℃となっていますから、必ずこの温度内で行ってください。

また、洗濯機の中にためるお湯ですが、今回はバケツを使ったやり方を案内していますが、ホースを使って、洗面台にためたお湯を入れていく方法でも簡単に入れることができますよ。

ただ、洗濯槽の掃除に使うお湯ですので、お風呂の残り湯は使わないほうがいいかもしれません。

また、ドラム式の洗濯機によっては、沢山の泡があふれ出てしまう可能性もあるので、あまり泡立たない「日本製オキシクリーン」を使うと安心かもしれません。

ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する時の注意点

手荒れを防ぐために、ゴム手袋をつけて行いましょう。

注意
初めの洗いコースで洗濯機を回す際に、通常の「洗濯コース」でまわしてしまうとお湯を漬けおきすることができなくなってしまうので、お湯が排水されないように「洗いのみ」のコースでまわしましょう。
Sponsored Link

オキシクリーンはどこで買えるの?使い方は?

万能な洗剤オキシクリーンですが、いったいどこで買えるのでしょうか。

また、オキシクリーンの基本的な使い方を捕捉でご案内します。

オキシクリーンの購入場所

アメリカ版のオキシクリーンですと、コストコやインターネットで購入することができます。

日本版のコストコはインターネット、ホームセンター、薬局などで購入することができます。

より汚れをしっかりと落としたい方は「アメリカ版オキシクリーン」シンプルな成分で優しく洗い上げたい方は「日本版オキシクリーン」を使うとよいでしょう。

オキシクリーンの基本的な使い方

オキシクリーンの使い方ですが、ざっくり説明するとこのようになります。

  1. オキシクリーンをお湯に溶かす
  2. かき混ぜる
  3. オキシクリーン液に30分~6時間漬けおきする
  4. 洗い流すもしくは、洗濯する

基本的には漬けおきして汚れを落としていきます。

ここでいくつかポイントがあります。

お湯でしっかり溶かしきる

主成分の過酸化ナトリウムが一番活発になる温度が40℃~60℃なので、オキシクリーンはお湯を使って溶かしましょう。

そして、泡だて器等でしっかり粉を溶かし切りましょう。

しっかり漬けおきする

あまり短い時間だと汚れを落とし切る前に終わってしまうので、所定の時間を守ってしっかり漬けおきしましょう。

オキシクリーンの使い方は?ドラム式の洗濯槽を掃除するなら量は?まとめ

オキシクリーンをつかってドラム式洗濯機の洗濯槽掃除って難しそうですよね。でも、たった300gあればできて、コツややり方がわかると意外と簡単にきれいに掃除できそうですね。

基本的には漬けおきするだけですから、慣れればもっといろんなところもお掃除したくなっちゃうかもしれません。

オキシクリーンがあればお掃除は大助かりですね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です