Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キュプラとポリエステル・レーヨンの違いは?洗濯してシワになるのはどれ?

お洋服の素材としてよく使用されてるキュプラポリエステルレーヨンについて知っていますか?

レーヨンやポリエステルという素材を知っていても、キュプラという素材を知っている人は少ないのではないかと思います。

ポリエステルはよく洋服のタグに書かれているのを見かけるよね!
なじみのある素材だよね!

でもキュプラについては知らない人が多いんじゃないかな?

今回はそんな洋服の素材として使用されているキュプラやポリエステル、レーヨンの違いや洗濯したときシワになりやすいのはどの素材なのかについてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

 

キュプラの特徴は?

まずは、キュプラの特徴について紹介していきます。

  • 静電気が起きにくい
  • 吸湿性に優れている
  • とても柔らかく、しなやかな肌触り
  • 摩擦によって毛羽立ちやすい
  • 水洗いによって縮む可能性もある
  • シワになりやすい

キュプラは主に、スーツの裏面に使用されていることが多い素材です。

 

原料としては、コットンリンターという綿実の表面に生えている2~6mm程度から作られています。

肌触りがとても柔らかく、優美にまとわせてくれるコシのない素材でちょっとお値段の高いお洋服に使用されているのを見かけます。

 

つるっとしていてまるで絹のような光沢があり、生地の滑りもとてもよく着脱の際に引っかかることもありません。

季節関係なく着られる素材なのですが、個人的にはキュプラを使った洋服は夏に着ることをおすすめします。

夏は動かなくてもとにかく暑さを感じやすい季節ですよね。

 

キュプラは、吸湿性に優れているほか、汗をかいてもさらっとした着心地で快適に過ごすことが出来るんです。

さらに、着たときにすこし「ひやっ」と感じるのもキュプラの特徴ですよ。

キュプラを素材にした洋服は見た目も涼しそうなものばかり!夏におすすめの素材ですね♪

しかし、一方でキュプラは摩擦に弱く毛羽立ちやすいのが難点です。

洗濯の際も、水洗いできない場合のものが多く、基本的にはクリーニングに出して洗濯を行います。

自宅で洗いたい場合は、ドライコースで洗ったり手洗いしなくてはいけませんね。

 

ポリエステル・レーヨンの特徴は?

次にポリエステルとレーヨンの特徴を紹介します。

まずはポリエステルの特徴から紹介します。

  • 速乾性抜群
  • 水により縮まない
  • シワや型崩れの心配がない
  • 静電気が起きやすい
  • 薬品に強く、保存しやすい

ポリエステルは、いろんな衣類に使用されているとても丈夫な素材です。

ポリエステルの原料は石油で、合成繊維のひとつに分類されており、洗濯機で手軽に洗えて型崩れの心配もする必要もなく、薬品にも強いためカビや虫に食われてしまう恐れもありません。

 

しかし、静電気が起きやすく吸湿性が悪いのが難点です。

夏に着ていると、少し蒸れやすいかな?という印象がありますね。

 

次にレーヨンの特徴を紹介します。

  • 清涼感があるコシのない素材
  • 摩擦に弱い
  • 水に弱い

レーヨンは、原料が木材パルプなどの天然素材の再生繊維です。

絹に似た印象が強く、吸湿性がとても高いのが特徴の素材なのですがキュプレにも少し似ていますよね。

 

レーヨンも、キュプラと同じようにコシのない素材になっており、こちらもキュプラ同様、夏にぴったりの清涼感を放ってくれますよ。

しかし、レーヨンは水に弱く、水にぬれると縮んでしまう恐れがあります。

 

というのも、レーヨンに使用している糸は水分を含むと太くなってしまい、糸同士の引っ張る力が強くなってしまいます。

そのため、とても縮みやすいので家庭で洗濯することはおすすめできません。

Sponsored Link

洗濯したときシワになりやすいのはどっち?

洗濯したとき、シワになりやすい素材はキュプラとポリエステル・レーヨンのどちらでしょうか?

結果から言うと、シワになりやすいのはキュプラレーヨンです。

 

最近では、レーヨン素材のワイシャツも販売されており手軽に着られるようになりました。

しかし、うっかり洗濯機で洗濯してしまいシワシワになってしまった経験ありませんか?

 

基本的に、キュプラやレーヨンでできた衣類は洗濯するとシワができてしまいます。

アイロンで伸ばそうにも、水に弱いためスチームアイロンは使用できません。

 

洗濯しにくいことから、シワや型崩れの心配のないポリエステル素材がキュプラやレーヨンの代わりに使用されることが多くなっていますね。

肌触りや吸湿性などは、ポリエステルに負けますが洗濯することを考えるとポリエステル素材のほうが扱いやすいです。

 

クリーニングに出さず、自分で洗濯を行う場合は基本的に手洗いとなります。

手洗いするときも、できるだけ洗う時間を短くもみ洗いしないでください。

 

おしゃれ着洗剤を入れた水に、衣類を入れたら軽く押し洗いしてあげましょう。

あとは取り出して、10秒ほど洗濯機で脱水を行います。

 

最後に柔軟剤を溶かした水につけて押し洗い、もう一度10秒ほど脱水にかけましょう。

あとは、大きめのタオルにはさみ残った水分を取り除き、洋服にかかれている指示に従って衣類を干しましょう。

キュプラやレーヨン素材を洗うときは、できるだけ水につけている時間を短くするように心がけてくださいね。

「水洗い不可」と記載されているキュプレやレーヨン素材の洋服は自宅で洗えませんのでクリーニングに出しましょう。

 

まとめ

今回は、キュプラやポリエステル・レーヨン素材の違いや洗濯したときシワになりやすい素材を紹介しました。

キュプラを使用した衣類はとても肌触りがよく、さらっとしているのが特徴です。

レーヨンは摩擦に弱いですが、キュプレは摩擦に強いためレーヨンに似ているとはいってもやはりキュプレのほうが優れていますね。

 

洗濯するときはかなり気を使ってしまいがちですが、最近では手洗いできるような生地にしてあるものもあります。

手洗いしたら不安で、洗ったときのシワが気になるようでしたら、クリーニングに出したほうがいいですね。

いろんな場面に合わせて、洋服の素材を変えて洋服を楽しみましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です