オキシクリーンはコストコ価格でいくら?それ以外で安く買える?

今大人気のオキシクリーン。

掃除をする際はもはや必需品と言ってもいいのではないでしょうか。

そうなると自然と減りが早く、なるべく安く買いたいと思うのが人の性というものです。

コストコで買うと安いのかな?価格はいくらだろう?コストコ以外での価格はいくらなの?と疑問に感じてる人も多いと思います。

一般的に安いことで有名なコストコですが、コストコ以外でも価格が安いところがあるのか気になりますよね。

そこで今回はいま大人気のオキシクリーンの価格にスポットをあてて紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

オキシクリーンのコストコでの価格は?

引用:https://www.oxicleanjapan.jp/products/stain-fighters/products/oxiclean-versatile-stain-remover.html

 

オキシクリーンは日本製やアメリカ製があり、サイズもいろいろありますので一概にどれが安いか分かりにくいです。

  • コストコで販売されているものはすべてアメリカ製
  • 日本製はサイズや種類がたくさんある

例えばコストコではビッグサイズのアメリカ製のオキシクリーンが販売されていますが、こちらの価格は4.98kgで1910円になります。(2018年6月時点)

ホームセンターやネット通販でアメリカ製のオキシクリーンを買った場合の価格は大体3,000円くらいになりますので、コストコでの価格がどれだけ安いかわかりますね。

これだけ大きければ、いっぱい使ってもすぐには無くなる心配はありません。

しかも、年末など大掃除の季節にはさらに割引されていることもありますので、割引の時期を見計らって買うとお得度がアップします!

 

ちなみに日本製のものはアメリカ製ほどビッグサイズがないので比較が難しいですが、オキシクリーン1.5kの価格は1000円になります。

ただ、コストコで販売されているものはすべてアメリカ製となり、日本製は販売していません。

 

通販大手のアマゾンで買った場合は2736円になります。

これで見るとやはりコストコの方が安い!という結果になりました。

やはり、コストコ自身がオキシクリーンを輸入していることもあり、コストコでの価格は多店舗に比べてずば抜けて安いですね。

お家の近くにコストコがある人はコストコで買った方が確実にお得です!
Sponsored Link

 

コストコ以外でのオキシクリーンの価格は?

アマゾンで販売しているアメリカ製オキシクリーン4.98Kgの価格は2,736円になります。

楽天では2,800円になります。

ただし、どちらの通販サイトでも販売店によって価格は変わりますので、多少の変動はあると思います。

実店舗で言えばドラッグストアでは802gの製品が販売されており、価格は1,100円となります。

サイズが小さい分値段は安いですが、キロ換算だと少し割高という印象です。

コストコのアメリカ製オキシクリーン4.98Kg 1,910円
アマゾンのアメリカ製オキシクリーン4.98Kg 2,736円
楽天のアメリカ製オキシクリーン4.98Kg 2,800円
ドラッグストアのアメリカ製オキシクリーン802g 1,100円

コストコのアメリカ製オキシクリーン4.98Kgと比べると高い印象です。

Sponsored Link

 

オキシクリーンをコストコ以外で買う場合はどんな時?

引用:https://www.oxicleanjapan.jp/products/stain-fighters/products/oxiclean-baby-stain-remover-powder.html

価格だけを見るとコストコで買うのが一番お買い得ですが、人によってはコストコ以外で買う方が良い場合もあります。

例えば車を持っていない人、近場にコストコがない人などはコストコで買うのは難しいです。

仮に遠くから無理してコストコに通ったとしても、オキシクリーンのためだけに電車代を払い、コストコの年会費4,400円を払うのはもったいない気がします。

オキシクリーンは人気商品なので、売り切れになっている心配もあります。

そういう方はアマゾンや楽天で買った方がコスパ的には良いと思います。

楽天の場合はタイミングによってはポイントアップキャンペーンなどでポイントが倍付になる時もあるので、普段から楽天を利用している人にとっては楽天で購入した方が、結果お得な場合もあるかもしれません。

また、小さいお子様がいる家庭や、仕事が忙しくてなかなかコストコまで買いに行けない人は、ネット購入だと少ない労力で買えるので助かります。

ちなみに原産国にこだわらなければ、日本製の方が界面活性剤不使用なので環境にやさしく、赤ちゃんのいる家庭にはオススメです。

気になる汚れ落ちですが、実は界面活性剤はそれほど汚れ落ちに効果はなく、泡立ちが良くなることでビジュアル的に落ちている感がでるだけだと言われています。

界面活性剤が含まれていないことで泡立ちは悪くなりますが、その分サッと洗い流すことができるため、水道代の節約になります。

お風呂掃除のときなどはあまりに泡立ちが多いと、洗い流すのが大変なので、その場合は日本製の方が優れています。

[価格面を見るとコストコの一人勝ち、お金の節約になりますが、買いに行く手間を考えるとネット購入の方が時間の節約になります。

また、現在オキシクリーンはたくさんの種類が販売されていますので、それぞれのご家庭の事情やコスパを考えて、どこで買うのが良いか、購入手段を検討してください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です