Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オキシクリーンでトイレ掃除の仕方!タンクにも使えるの?

家中のお掃除に使えると主婦に人気の万能漂白剤「オキシクリーン」は、主にお風呂場やキッチン周りで使われていますが、トイレ掃除・トイレタンクの掃除にも使えちゃいます。オキシクリーンでトイレの黒ずみを簡単に落としちゃう方法、厄介なトイレタンクの掃除方法をお教えします。

Sponsored Link

オキシクリーンでのトイレ掃除に必要なもの一覧!

トイレって毎日掃除していれば頑固な汚れになることなんてないと思っていませんか?

少し掃除をサボると軽くこすっても落ちない黄色い液の跡や黒ずみが目立ちます。

オキシクリーンの酵素の力があれば綺麗に汚れを落とすことが出来ちゃいます。

トイレ掃除、トイレタンク掃除に必要なものを一覧にしてみました。

  • オキシクリーン 付属スプーン半分程度
  • 45度~50度のお湯
  • 泡だて器 (100均一で売っているものでよいです)
  • バケツ 又は洗面器
  • トイレ掃除用ブラシやスポンジ
  • ゴム手袋
泡だて器は一度使ってしまうと食品には使用できないので、100均一などの安価なもので大丈夫です。
Sponsored Link

オキシクリーンを使ったトイレ掃除の方法

トイレの便座・便器内のお掃除手順はこれ!

手順としては、まずバケツにオキシクリーンをお湯でしっかり溶かします。

POINT
45~50度のお湯でオキシクリーンの粉を泡だて器でしっかり溶かして泡立てて下さい。

オキシクリーンを便器内に入れてからしばらく放置しないといけないので、先にトイレを済ませておきましょう。

次に先ほど作ったオキシクリーン液にトイレットペーパーを浸して便器内に貼り付けて2時間ほど時間をおきます。

便座の裏側も注意して見てみると、黄ばんでいることが多いので同じようにトイレットペーパーに液を染み込ませ、落ちないように貼り付けておきましょう。

便座を下ろしておくと、取れる心配もなくしっかり汚れを落としてくれます。

オキシクリーンは6時間で効力が無くなるので、一晩置いても6時間の効果しか発揮されないので、最低2時間ほど放置すれば十分だと思います。

トイレットペーパーなので、そのまま便器に流して処理することが出来ますが一度に流すと詰まってしまう事があるのでバケツに避けて少しずつ流して下さい。
Sponsored Link

オキシクリーンを使ったトイレタンク掃除の方法

普段あまり見ない場所だと思いますが、トイレの水が溜まっているタンクの部分にはカビが発生し、真っ黒になっている可能性があります。

ブラシで掃除するにも中が狭くて、何とも掃除しずらいのです。

そんなときにオキシクリーンを使って簡単にお掃除しちゃいましょう。

トイレタンクのお掃除手順はこれ!

まず、トイレの水の栓を止めて新しい水が出ないようにします。

タンクのフタをはずす前にマイナスドライバーを使って止めてください。

フタは陶器の物が多く思っているより重たく、落とすと割れる危険性があるので十分に注意してください。

そして今溜まっている水を流してタンクの中を空っぽの状態にします。

トイレの便器掃除のときと同じようにオキシクリーンをお湯でしっかり溶かします。

そのオキシクリーン液をタンクの中に流し込みそのまま2時間ほど放置します。

これでタンクの奥の方は綺麗になりますが上部までは綺麗にならないので、ブラシやスポンジで擦って汚れを落とし下さい。

後は、水の栓を元に戻して水を流すだけでお掃除完了です。

注意

掃除が終わった後、水の栓を開くことを忘れないようにしてください。

水が流れない!?と焦ってしまいますよ!

Sponsored Link

万能洗剤「オキシクリーン」でトイレ掃除をする方法まとめ

オキシクリーンを使ってトイレ掃除をする方法は基本的には他のお掃除を同じでオキシクリーン液に浸して放置するだけです。

トイレのタンク掃除は面倒ですが、思い切ってフタを開けてみて下さい。

黒カビや水垢などの汚れがひどくなるのを防ぐことができるので、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

お掃除してみると簡単にピカピカになりもっとトイレ掃除が好きになるかもしれません。

トイレ掃除、トイレタンクの掃除に迷っていた方は、是非試してみて下さいね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です