生ゴミを冷凍するときに便利な入れ物を紹介!無印の物は衛生面や臭い・菌を防げるか検証!

無印の入れ物はサイズや使う用途によって様々な形があります。

幅広い商品がある中で大型のショッピングモールや通販、100円ショップでも買える無印の入れ物を非常に便利ですが、生ごみを冷凍する時にどんな入れ物を使いますか?

ここからは無印の便利な入れ物を紹介します。

生ごみを冷凍保存できるのはわかるけど、実際どんな入れ物に入れたらいいか迷うよね。
100円ショップや通販でも幅広く商品を扱っているんだ。冷凍庫のサイズと比較しながら冷凍保存に適した入れ物を紹介するよ!


生ごみを冷凍保存するなら蓋付きタッパが良い

生ごみを冷凍保存して保管すれば臭いを抑えることができるんですが、冷凍保存するならどんな入れ物が良いか迷いますよね?

生ごみを冷凍保存する時の注意点をおさらいしていきましょう。

POINT

生ごみを冷凍保存する時の注意点

  • 冷凍庫を整理して生ごみの保管場所を作ること
  • 生ごみはしっかり水を切り密閉できる容器で保管すること
  • 生ごみには腐ったものは入れないこと
  • ゴミ出しをきちんとすること

冷凍保存できる生ごみと冷凍保存できない生ごみもあるので注意しましょう。

冷凍保存するなら密閉性の高いタッパやジップロックがオススメです。

100円ショップやホームセンター、通販でも密閉度の高い商品が多く発売されています。

それらを活用して生ごみの臭いを抑えていきましょう。

密閉と真空の衛生面と菌を抑制する

密閉できる入れ物はどこにでも売っている上に価格も安くサイズも入る量も様々で扱いやすいのが特徴です。

冷凍保存することによって、野菜などの酸化を防ぎ、腐りにくくできるのです。

衛生面でも洗いやすく菌を抑制することができます。

真空できる入れ物は通販やホームセンターに売っていますがガラス製の物が多く真空状態にすることで食べ物の湿気や酸化を防ぐことができるのが特徴です。

真空保存容器には手動と自動で真空にできる商品が多数あり、価格も少しお高めです。


通販の方が利便性が高い

ホームセンターで実際に見て買うのもいいですが、通販では細かい説明も書いてあり中には動画を見ながら説明を見ることができますので使い方を迷うことはありません。

ホームセンターで売っている商品の中には保証書が付いている場合もあり最長で1年間無償で保証してくれる商品が多数ありますが、通販でも保証を行なっている商品があるんです。

まだまだ保証制度については全ての通販商品ではありませんが、タッパやガラス製品は消耗品なので買い換える頻度が高いのであれば通販やネットショッピングで買いましょう。

通販の価格と保存容器を紹介

密閉式と真空式の保存容器ですが、通販ではどのくらいの価格になるのか紹介しましょう。

密封性のタッパを買うならセットがお得

created by Rinker
¥1,393 (2019/12/11 02:55:02時点 楽天市場調べ-詳細)

角形、丸型の密閉タッパのセットです。

価格も1393円と安く、生ごみを冷凍保存するならおすすめの商品です。

中身も見えることがなく品質も耐久性も抜群の保存容器です。

耐熱も耐冷もこれ一つで安心の最新式ビックスクエア(手動)

真空保存ができるタッパのサイズは6種類、生ごみを冷凍するときにタッパだとどうしても横幅が広く沢山の生ごみを冷凍保存することができない人のために、透明でも気にしない方であればビックスクエアがおすすめです。価格は2640円で手軽に買うことができます。

縦型で場所も取らず真空保存することができますし、耐熱も耐冷も耐えれる優れものです。

3種類の真空保存容器がセットに手動で簡単操作(自動)

created by Rinker
¥2,970 (2019/12/11 02:55:03時点 楽天市場調べ-詳細)

真空保存容器の中で3つのサイズがセットになった手動の真空保存容器です。ポンプで空気を抜くことで酸化を抑えることができますし、冷蔵庫で食材を保存するならおすすめな商品です。

価格は2940円と3000円しない価格で生ごみの他にも真空保存できる容器が欲しいときはまとめて買いましょう。

生ごみを冷凍庫に入れたくない方向けの商品で、ごみの回収日を忘れなければ真空保存した状態で臭いも少なく捨てることができます。

まとめ

密閉式のタッパも真空式のタッパも冷凍保存に使えることがわかりましたね。

価格も3000円代で様々な種類がある中でおすすめの商品を紹介しました。

使う用途に合わせて密閉式か真空式と使い分けてみましょう。

生ごみをうまく冷凍保存すれば、キッチンを広く快適に使うことができますが、冷凍庫のスペースを空けなければいけないので使う容器を考えながら生ごみを処理していきましょう。

生ごみを冷凍保存するタッパや保存容器ってたくさんの種類があるんだね。
うまく使い分けて毎日の料理を楽しく過ごそう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です