上履きの洗い方!簡単にキレイにするならつけおきより洗濯機?正しい方法紹介!

学校などで毎日履いている上履きは、かなり汚れが目立ちます。

洗っても洗ってもすぐに汚れるし、汚れも落ちにくくて嫌になりますよね。

上履きについてしまった臭いや汚れ、黄ばみを簡単にきれいにできる方法はないのか調べてみました。

すると、ごしごしこすらずに簡単にキレイにする方法があったんです!

今回は上履きの洗い方を紹介していきます。

毎週洗っていても、また次の週には元通り汚い上履きになってるわよね。
できるだけ簡単に洗いたいのがママの本音よね。

簡単にキレイにできる方法を早速試してみましょう!

Sponsored Link

 

上履きの洗い方は?

まずは上履きの基本の洗い方を紹介します。

上履きの洗い方としてスタンダートなのは、「つけおき洗い」と「ごしごし洗い」です。

 

水にぬらす前に泥や汚れを軽くブラシで落として、洗剤を溶かした液体に上履きをつけおきします。

取り出して、さらに汚れが目立つ場所をブラシでごしごし洗ってすすぎを行い、干します。

この方法が一般的な上履きの洗い方ですよね。

 

しかし上履きを洗う方法に、もっと簡単で手軽な方法があったんです。

それは洗濯機を使って洗うことです。

 

「上履きを洗濯機で洗ってもいいの?」と思いますよね。

上履きはゴムと布でできており、多少のことでは壊れないように頑丈な作りになっています。

 

そのため洗濯機でガンガン洗っても全く問題ありません。

 

洗濯機で上履きを洗うための必要なのは、液体洗剤、漂白剤、靴用の洗濯ネットです。

この3つさえあれば上履きを洗濯機で洗うことができますよ。

しかし、洗濯機で普通に洗っても上履きの汚れが落ちない場合があります。

次に、洗濯機を使って簡単にきれいに汚れを落とす方法を紹介します。

 

上履きの汚れを簡単に落とすには「つけおき」より洗濯機?

洗濯機で上履きを洗っても問題ないことがわかりました。

もちろん、汚れがあまりついていない場合はそのまま洗濯機で洗っても十分汚れを落とすことができます。

 

しかし、洗濯機だけでは落とせない汚れがあることも事実です。

そんな時に合わせてほしいのが「つけおき」です。

 

上履きを洗う基本的な方法として、つけおきを行う場合が多いのですがつけおきだけでは上履きの汚れは落ちません。

そこで、このつけおきにプラスして洗濯機でも洗ってほしいのです。

 

洗濯機で上履きを洗う方法

  1. つけおき液を作る。(水またはお湯に液体洗剤を溶かしたもの)
  2. つけおき液に上履きを1時間ほどつけておく
  3. 軽くすすいで目立つ汚れを落とす
  4. 洗濯ネットに上履きを入れて、漂白剤で洗う(標準コースでOK)
  5. あとは風通しのいい場所に1日干しておけば完了!

 

ごしごしすることもなく、ただ上履きを移動させるだけでとても簡単です。

誰にでも簡単に洗うことができるので、子供でも洗うことができますよ。

上履きを洗濯機で洗うことに抵抗がある場合は、コインランドリーにある靴専用洗濯機でも洗うこともできます。
コインランドリーであれば乾燥もできますので、さらに手間が省けますよ。

つけおきだけでは落ちない汚れは、今までごしごししなくてはいけませんでした。

しかしこのごしごしがかなり手間だった方も多いと思います。

 

今回紹介した方法で洗うとごしごしする手間もありませんし、とても簡単ですよね。

毎週洗っていて汚れが少ない場合はつけおきすることなく、洗濯機だけで洗っても十分汚れを落とすことができます。

いままで洗濯機を使ったことのない方、ぜひ試してみてください。

まとめ

汚れた上履きを洗うのって結構めんどくさいですよね。

洗濯機で洗えるのであれば今までごしごしとこすっていた時間を短縮できます。

また、こまめに洗うことでつけおきしなくてもいいようになりますよ。

ぜひ洗濯機での上履き洗い、行ってみてください。

時短にもなるし、きれいにもなるなんてすてきね!

早速試していきたいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です