Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

思い・想い・念いの違いは?意味・使い分けと履歴書・恋愛のときは?

「思い」と「想い」と「念い」、すべて「おもい」と読むことができます。

 

漢字で書く際にどの字を使えばいいか迷うこともありますよね。

違いはあるのでしょうか?どのように使い分けたらいいのでしょう?

 

今回は、「思い」「想い」「念い」の違い、意味と使い分けをご紹介します。

どの漢字を使えばいいか分からないときがあるわ。「思い」「想い」「念い」にどんな違いがあるの??
それぞれの意味と、履歴書に書くときにどれを使えばいいか、恋愛の場面ではどれを使うかも調べてみました!一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

 

「思い」「想い」「念い」の意味と違い

それぞれの意味と違いをみていきましょう。

「思い」は『考え』『気持ち』

  • 自分の考え
  • 理論的な考え
  • こまごまと考えること
  • 物事に対しておもいを巡らすこと

「思い」は、考え・気持ち・願いなどを指す言葉として使われています。

単に心のなかの感情だけを指すものではなく、理論的に頭で考えたものと、心のなかの感情両方に関わるものを対象に、広い意味で使われます。

 

また、文化庁にはこの「思い」が採用されています。

基本的には「頭に浮かんだこと」すべてに「思い」を使えば間違いありません。

「想い」は『感情』

  • 心に考えを思い浮かべる
  • 考える
  • 物事に感情を持つ
  • 恋い慕う

「想い」は、イメージなどを心に浮かべたり、感情や気持ちを表す際に使われます。

 

「想像」や「発想」などの熟語からわかるように、頭で考えたことではなく、無意識に浮かび上がってくるイメージや感情を表現する際に使われるのです。

意味自体は「思い」と大きな違いはありませんが、「想い」の方がより感情を込めて使われることが多いです。

「念い」は『強い意志』

  • 強い願い
  • 強い気持ち

「念い」は気持ち、心の中の考えという意味がありますが、「思い」や「想い」より強い気持ちや願望を表しています。

また、「念仏」という熟語があるように、声に出して読みあげるという点が、「思い」や「想い」と違うところです。

思い 想い 念い
違い 頭に浮かぶこと全般 心の中の感情・イメージ より強い気持ち・願い
頭で考えたことは「思い」、心で感じたことは「想い」、強い願いは「念い」と表現することができます。

 

「思い」「想い」「念い」の使い分け

「思い」「想い」「念い」の使い分けですが、どれを使えばいいかを迷ったら「思い」を使えば間違いありません。

 

そのなかでも、使い分けるとするならば、「思い」は頭で考えたこと、「想い」は心で感じたこと、「念い」は強い意思に対して使うと良いでしょう。

また、文化庁では「思い」を採用しているので、公的な文章などの堅苦しい場面では「思い」を使うと良いとされています。

履歴書には「思い」

履歴書は公的な文書にあたりますので「思い」を使うことが無難といえます。

「この経験を御社で活かせると思います」などと使うと良いでしょう。

 

恋愛には「想い」

恋愛の場面、たとえばラブレターやメールなどで相手に気持ちを伝えるときは、感情を表す「想い」を使うと気持ちが伝わるのではないでしょうか。

「想い」は詩や小説などにもよく使われており、よりロマンチックな表現をしたいときに有効です。

 

 

POINT
公的な文章には「思い」、恋愛の場面では「想い」を使うなどシーンに合わせて使い分けることが大切です。
使い分けることで、自分の気持ちを分かりやすく表現することができます。

まとめ

今回は、「思い」「想い」「念い」の違いと使い分けについてご紹介しました。

 

意味はどれもよく似ていますが、公的な場面では「思い」、個人的なやりとりのなかでは「想い」や「念い」を使うなど、そのシーンによって使い分けることが大切です。

どれを使えば良いか迷ったときには「思い」を使えば安心ですよ。

 

同じ「おもい」でも漢字によって使い方が変わるのね〜!これから友達にメールするときは「想い」を使おうかしら!
そうですね。きちんと使い分ければ、もっと気持ちが伝わりやすくなりそうですね!私も勉強になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です