絆創膏を使って二重まぶたにくせ付けする方法!

メイク方法の中で一番重要といっても過言ではないのが、「二重まぶた」です。

現在、一重の目を二重にするためのメイク道具がたくさん販売されております。

そのなかでも今回は、二重にするメイク道具を使用せずに絆創膏を使用して簡単に二重まぶたにくせ付ける方法を紹介していきたいと思います。

現在、絆創膏を使用して二重まぶたにしている方がとても多いので、ぜひ参考にしてみてください。

目の印象を変えるだけで、その人の印象もかわるからとても大切な部分よね!
絆創膏を使用して二重まぶたにすることでとても自然な二重を作ることができるようね!

さっそく見ていきましょう!

 


絆創膏を使って二重まぶたにくせ付けるには何が必要?

実際に絆創膏を使用して二重まぶたのくせを付けるには何が必要なのでしょうか?

よういするもの
  • 絆創膏
  • 眉毛用の小さなハサミ
  • 水とコットン
  • プッシャー

この4つが必要になります。

絆創膏は自分の肌と変わらない色味のものや透明なものだとわかりにくくおすすめです。

伸縮性のある絆創膏だとさらに二重まぶたにしやすいので探してみてください。

プッシャーはなければヘアピンなどで代用する方もいます。

絆創膏を使って二重まぶたのくせ付けを行う方法

実際に先ほど紹介した道具を使用して二重まぶたにくせ付ける方法を紹介します。

まずは、水を含ませたコットンでまぶたをふきとっていきます。

汚れや油をしっかり取り除くことで、絆創膏の接着を良くしてくれますよ。

 

次に眉毛用ハサミを使用して絆創膏をカットしていきましょう。

細く、二重の幅くらいに切るのがポイントです。

二重まぶたにする道具の一つにメザイクというものがあるのですが、メザイクの形を参考に切るとよさそうです。

 

絆創膏を自分で切るので二重まぶたの幅を決めることができます。

プッシャーを二重まぶたにする部分に押し当てて、離した後に戻ってこなかった幅を目安に切りましょう。

大体ですが1mm程度が目安となります。

 

あとは二重になりたい線の部分に絆創膏を張り付けましょう。

ポイントは二重まぶたのラインの下に張ることです。

絆創膏を二重まぶたの線に食い込ませることで、ぱっちり二重にすることができます。

 

この作業はコツが必要になってきますが、絆創膏を引っ張りながら食い込ませるようにすることを心がけて行てみてください。

慣れるとすぐにできるようになりますよ。

絆創膏がはみ出てしまう場合は、絆創膏をしっかり伸ばして張り付けた後に眉毛用ハサミを使ってカットしてください。
目尻の部分まで引っ張ってくださいね。

 


絆創膏を使用しても二重にならない原因は?

どうしても絆創膏を使って二重にした場合、絆創膏が目立ってしまうということがあります。

原因としては、絆創膏をカットするときに二重幅を広くしすぎているということが考えられます。

二重の幅を少し小さくして行ってみてくださいね。

 

プッシャーを使用して自分に合った二重幅を探したり、現在作っている絆創膏の幅をちょっとずつ狭くしてくとちょうどいいサイズを見つけることができますよ。

 

絆創膏を使用して二重まぶたのくせ付けを行う場合は、昼間に絆創膏で二重を作っておくより眠る前に絆創膏を使用して二重を作っておくことをおすすめします。

絆創膏を貼って眠るだけなので、とても楽です。

二重まぶたのくせをしっかりつけるには、毎日行う必要があります。
欠かさず行うことで、個人差はありますが1~2か月くらいすると二重の線がくせついてきますよ。

二重まぶたを作るときおすすめの絆創膏は、「ジョンソン・エンド・ジョンソンの肌色タイプ」です。

こちらの絆創膏はとても柔らかくしなやかなので、扱いやすいです。

肌色なのでばれにくいのもいいですね。

まとめ

今回は絆創膏を使って二重まぶたにくせを付ける方法をご紹介しました。

ネットでは、「アイプチより自然でうまくできる」「メザイクより手軽に手に入るし、サイズ調整も簡単!」と話題になっていました。

確かに毎日するとなると、絆創膏はアイプチやメザイクよりコスパもいいのはうれしいですよね。

綺麗な二重にくせ付けるためにも、夜絆創膏を二重まぶたに張り付けてみてはいかがでしょうか?

やり方がとても簡単だし、すぐに手に入るものだから始めやすいね!
自分の目に合わせて使えるのもいいよね。

ぜひ、試してみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です