トカゲをペットにしたい!小型だと値段は?寿命はどのくらい?

最近は爬虫類をペットにするかたも増えてきています。

中でも人気なのは、公園などでも見かけることがあるトカゲです!

調べてみると、トカゲをペットにしている方は意外に多いようですね。

今回はこれからトカゲをペットにしたいと考えている方のために、小型のトカゲの値段や寿命などについて調査してみました!

トカゲは小型でも種類によってはかなり高額になるものもあるようね!
どれだけ生きるのか、寿命も気になるところよね!

早速見ていきましょう♪

Sponsored Link

 

トカゲはペットにできる?

恐竜のような見た目で、つぶらな瞳がかわいいトカゲはペットにすることができます。

身近に生息しているトカゲであれば、「カナヘビ」がいますよね。

実際に公園や家の外で見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 

有名なトカゲだと、「イグアナ」「ヒョウモントカゲモドキ」などがあります。

中でも「ヒョウモントカゲモドキ」は、トカゲの中でもかなり人気が高く初心者でも飼いやすいです。

 

基本的に噛みついてきたりすることもなく、なんとトイレまで覚えてくれるそうですよ!

初心者にはかなりおすすめのトカゲということがわかりますね。

他にも「グリーンイグアナ」「ナイルモニター」などかなり大きいサイズのトカゲも存在します。
もちろん、ペットにすることもできますが「ヒョウモントカゲモドキ」のようになついたりすることはほとんどないといわれています。
見た目や大きさだけでなく、性格や飼育にかかる費用もチェックしておくことが大切です。

 

トカゲの小型は値段いくら?

トカゲはペットショップで購入することができます。

種類によって値段は異なるのですが、初心者におすすめの小型トカゲ「ヒョウモントカゲモドキ」ですと約5000円~8000円程度で購入できます。

「カナヘビ」だと、1000円~2000円程度で購入できるそうなのでかなり手軽にペットにできるということがわかりますね。

 

飼育には、「飼育ケージ」「床材」「シェルター」「水入れ」「パネルヒーター」「バスキングランプ」「温度計」「餌」が必要です。

もしかすると、トカゲより飼育セットに値段がかかってしまうかもしれませんね!

トカゲの種類によっては、飼育ケージを蓋つきのものにしてあげる必要もありますので、店員さんに聞いて購入したほうが確実です。

トカゲは日光浴で体を温める必要のある爬虫類なので、ライトや温度計などは必ず必要です。
トカゲの飼育に一番大切なのは温度なので、温度関係のものはしっかり準備しておいてください。

トカゲの餌ですが、もちろんこちらも種類によって変わります。

昆虫やミルワームなどを好むトカゲが多いようですね。

ミルワームの値段はそこまで高くないので特に気にすることはないと思うのですが、野菜や果物、さらには肉を好むトカゲもいます。

餌にかかる値段についても調査してトカゲをペットにしたほうがよさそうです。

小型のトカゲであればほとんど、ミルワームで問題ないみたいね!

大きいトカゲだと肉を食べるトカゲもいるので、餌にかかる費用も倍になっちゃうので注意しましょう!

Sponsored Link

 

トカゲの寿命は?

トカゲの寿命は種類によっても異なりますが、今回紹介している小型のトカゲであれば約10~20年生きるといわれています。

飼育環境によってトカゲの寿命が変わってくるのですが、大体10年くらいだと思っておきましょう。

 

トカゲは野生で生きるよりペットとして飼育したほうが長生きするといわれています。

飼育環境は、寿命に大きな関係があるということがわかりますね。

犬や猫と比べても長生きしてくれるというのも、トカゲがペットとして人気の高い理由となっています。

 

まとめ

今回は小型のトカゲをペットのするときの値段や寿命などについてまとめました。

一言にトカゲといっても種類もかなりあり、性格や飼育方法も様々です。

中には荒っぽい性格のトカゲもいて、全然なついてくれないということもあります。

今回紹介した小型のトカゲは、初心者におすすめのトカゲの一部だけです。

他にもなついてくれたり、おとなしかったりする初心者におすすめのトカゲが存在するので、ぜひペットショップで店員さんに相談してトカゲを購入してみてくださいね。

まずは小さなトカゲで慣れて、大きなトカゲをペットにするのもアリよね!
管理も簡単で臭いもないから、安心です。

トカゲをペットにしようと考えている方はぜひ、参考にしてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です