Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

へそのゴマをオリーブオイルで取るのは危険?奥の方の掃除方法

へそのゴマをオリーブオイルで取るというのは意外と知られている方法ですね。

ですが、このやり方は危険なのか安全なのかわかりませんね。

こちらでは、へそのゴマをオリーブオイルで取るのが危険かどうか、奥のほうの掃除方法をご案内します。

いつも掃除しようと思うのだけど、お腹が痛くなるって聞くから安全な方法で掃除したいわ。
わかります。こちらで、へそのゴマの安全な取り方、奥のほうの掃除方法を見ていきましょう。

Sponsored Link

 

へそのゴマをオリーブオイルで取るのは危険なの?

へそのゴマを取り除く方法は沢山ありますが、オリーブオイルで取り除く方法は比較的安全な方法として広がっています。

では、危険は方法はどういったやりかたでしょうか。

それは、ピンセットなど鋭利なもので取り除く方法です。

おへそ付近のやおへその皮膚はとても薄く、腸などを包んでいる腹膜という部分とつながっています。

この部分を無理やりこすったり、傷つけるようなやり方で掃除すると、腹膜炎になってしまう恐れがあります。

また、神経が沢山集まっている部分でもあるので、刺激を加えると腹痛になってしまう可能性もあります。

へそのゴマをオリーブオイルで取る方法は安全なの?

オリーブオイルを使った方法は、腹膜を傷つけることなく取り除くことができるので、とても安全な方法といえます。

また、オリーブオイルに含まれている「オレイン酸」というものが、人の皮脂と似た成分となっているため、人の肌にとてもなじみやすく肌を傷つけずに取り除くことができます。

医療の現場でも、開腹手術をするときに、感染症を防ぐために、おへそを掃除するそうですが、その際にも医療用のオリーブオイルが使われているそうです。

へそのゴマをオリーブオイルで取る方法は?

では実際にどのように取り除くのでしょう。やり方を確認していきましょう。

まずは、そこまでへそゴマが溜まっていない場合ですが

  1. 綿棒にオリーブオイルを浸し、へそゴマになじませる
  2. 浮いてきた汚れを綿棒で絡めとる

少しへそゴマが溜まっていたり、硬く粒上になったへそゴマの場合は

  1. 入浴して、へそのゴマをふやかせる
  2. 身体を洗いながらへそも洗う
  3. 入浴後、仰向けに寝転がり、おへそにオリーブオイルを8分目まで垂らす
  4. ラップでふたをして5分~10分待つ
  5. 油分がへそゴマになじんで来たら、ゆっくり絡めながら取り除く

オリーブオイルは食用でも医療用でも問題ありません。

オリーブオイルがない場合は、ベビーオイルや馬油で代用も可能です。

Sponsored Link

 

へそのゴマをオリーブオイルで取るときのコツや注意点

では、どのようなことに注意しながら取り除いていけばいいでしょうか。

取り除くタイミングですが、やはりお風呂に入った後のほうが汚れがふやけていて、皮膚を傷つけずに取り除くことができるのでおすすめです。

また、綿棒で取り除く際は、毎回新し物と取り換えながら行うと清潔にお手入れすることができます。

綿棒はなるべく頭の部分が丸くなっているものを選んで使いましょう。

頭がとがっているとお腹が痛くなる原因になります。

POINT
痛みを感じたら、無理をせずいったん止めて、次の日に行いましょう。

オイルが残った場合も、無理にとろうとせず気をつけましょう。

 

へそのゴマを取るとき、奥のほうはどうやってとるの?

奥のほうのへそのゴマの取り方ですが、毎回へそを掃除していくことで、徐々にへそゴマを取り除くことができます。

一回に取ろうとするとへその中を傷つけてしまうので、週に2回ほど掃除をしながら、ゆっくり取り除いていってください。

注意
週に2回以上掃除すると、掃除のしすぎで炎症を起こすことがあるので気をつけましょう。

それでもなかなか取れない場合は、皮膚科に行って取り除いてもらいましょう。

 

まとめ

へそのゴマをオリーブオイルで取り除くことは危険よりも安全な方法でしたね。

へその皮膚は薄く傷つきやすいので、デリケートに扱ってあげることが大切です。

へそのゴマを取り除く際は、時間をかけて、ゆっくり取り除きましょう。

オリーブオイルを使った方法は安全な方法だったのね。

身近なもので安全に掃除できてよかったわ。

全く掃除しないのも不衛生なので、週に2回までと決めて、優しく洗うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です