Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふるさと納税で還元率が高いのは金券!?徹底調査!

ふるさと納税をする上で楽しみの1つとなっているのが、お礼品ですが多くの人が食品を選択しています。

ただ、還元率が高いお礼品ってなんだろうって考えたことありませんか?

実際、ふるさと納税で最も還元率が高いのは金券だと言われているので本当にそうなのか調査してみました!

 

ふるさと納税でもらえる商品を確認するならコチラをクリック!

ふるさと納税のお礼品は人気と還元率が高いかは関係ない?

ふるさと納税でもらえるお礼品ですが、還元率を気にしたことがある人はあまりいないかもしれません。

基本的に地域に寄付をするという気持ちが最も大事になるので、そこまで考えてお礼品を選ぶ人が少ないからです。

しかし、せっかくふるさと納税をするのであれば、還元率が高くて良い品が欲しい!と思っても何も悪いことではありません。

 

具体的に、どんなものが還元率が高いのかというと、特に人気のあるお礼品の還元率が高いというわけではありませんでした。

最も人気のお礼品は、やはり食品でしたがほとんどが還元率30%程度です。

ただ、還元率の幅が広いことも特徴的で最も高い還元率のものだと60%を超えるものもありました。

 

たくさんあるお礼品の中でも、平均的に還元率が高いのは金券です。

一言で金券と言っても、商品券も旅行券も含めて全体的に還元率が高い傾向にあります。

なので、人気だからと言って還元率が高いとは限らないことは覚えておきましょう。

 

還元率は高いけどふるさと納税のお礼品で金券を渡すのは効率的!?

還元率が高いと自治体にとって損しているのでは?と思うかもしれません。

確かに還元率が高いと、その分自治体に入るお金は少なくなります。

しかし、そういったことを考慮しても金券は自治体にとってもメリットがあるんですよ!

 

なぜなら、渡した金券が地域限定だったり買える商品が限定されているものであれば、その地域に足を運ぶかインターネットを利用したとしてもその地域の特産品を買うことになるからです。

それであれば食品を提供しては?と思う人もいますが、食品というのは好みの差が大きいのでその地域の思い通りにはなりません。

一方で金券であれば、お得感がある上に比較的簡単に地域活性化に繋がることになります。

 

ただ、金券がどこでも使えたり、なんでも買える一般的なものだとそこまで地域活性化には繋がらないかもしれません。

その点をどう考えるのかは自治体によって差がありますが、どんな金券であってもその地域の名前を覚えてくれたり、知ってくれるきっかけになったらいいと思っている地域も多いです。

さらに、金券であれば食品のように数に限界はないので効率が良いですし、ふるさと納税を申し込んだ人にとっても確実性があって嬉しいと言えます。

 

ふるさと納税でおすすめの還元率が高い金券

最近では、自治体の競争を避けるために金券を提供しないよう呼びかけていることもあり、少々影を潜めていますが、それでも金券を提供している自治体は存在しています。

なので、おすすめの還元率が高い金券をご紹介します!

 

まず、これぞふるさと納税!という感じでおすすめなのは南伊豆町ふるさと納税感謝券です。

静岡県南伊豆町で40%の還元率という驚きの高さを誇る金券です。

主に宿泊、食事、買い物に使用できますが、南伊豆町のみです。

そのため、旅行に行こうと思っている人にとっては嬉しいかもしれませんね♪

 

次に、グルメ系でおすすめなのは旬のかほくイタリア野菜料理食事券です。

山形県河北町のお礼品です。

還元率は、なんと50%で美味しい食事で利用できるので、とってもおすすめです。

 

この他にも、温泉宿泊券や旅行券などが存在していて、大体30%から50%の間の還元率なので、非常に高いことが伺えます。

いろいろ比較しながら決めるも良し、行ってみたいと思っている地域の旅行券を選ぶも良しです。

ふるさと納税は、このように自分好みにチョイスすることができるので魅力的です。

 

金券以外にもある?ふるさと納税の還元率が高いか計算する方法

いくら還元率が高い商品が欲しいと思ったとしても、そもそも還元率はどう計算したらいいかわからないという人がほとんどです。

しかし、案外考え方は簡単です。

寄付した金額に対してお礼の品の金額はいくらかという考えです。

 

計算式にしてみると、お礼の品の概算÷寄付金額×100となります。

ただ、この他に自己負担金の2,000円が必要になるので、その点もしっかりと計算しておくようにしてください。

一般的にふるさと納税の還元率相場は30%です。

 

それ以上になると還元率が高いと考えられます。

ただ、30%を下回っていて、還元率が悪いからと言って良くないのか、と言えばそういうわけでもありません。

結局、ふるさと納税というのは、物目当てでするものではありません。

 

自分が生まれた地域、自分が興味のある地域、自分がお世話になった地域に貢献したい、応援したいという思いからふるさと納税をします。

そういった地域の特産品やゆかりのある品であれば、還元率が少々低くても嬉しいものがもらえるかもしれません。

節税もそうですが、こうしたお礼の品をもらえること自体、ふるさと納税をする楽しみでもありますよね。

 

ふるさと納税で還元率が高いのは金券!?徹底調査!まとめ

ふるさと納税の大きなメリットは、税の控除が受けられることとお礼の品がもらえることです。

ふるさと納税は、メリットを受けたいがためにするものではありませんが、それでも受けられるメリットは受けておいた方がいいですよね。

 

税の控除はすでに決まりきったことなので、お礼の品について還元率の高さなどは気にしてみた方が良いです。

ご紹介したように、金券が還元率が高い傾向にあります。

金券の場合、受け取る側にとってメリットが大きいだけではなく、渡す自治体にも自分達の地域で渡した金券を利用してもらうというメリットがあります。

 

金券というのは、食品や何かの製品とは違って、送る時の手間やもしもかなりの人気が出て、集中してしまった場合、品切れるということがありません。

手間に関しても、券を送るだけになるのでほとんどなく、贈る側にとっても良いことが多いのです。

 

ただ、最も考えなくてはいけないのは、還元率の高さよりもどの自治体にどれだけふるさと納税をしようかということです。

自分のゆかりのある地域じゃなくてもふるさと納税は申し込むことができるので、しっかり選びましょう♪

ふるさと納税でもらえる商品を確認するならコチラをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です