Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

換気扇フィルターの掃除方法!油汚れに最適な洗剤は重曹・クエン酸・ハイターのどれ?

換気扇のフィルター掃除って、大変ですよね!

数ある家事の中で、最も手間がかかると言っても過言ではありません。

いざ、掃除しよう!と意気込んではみたけれど、もっとカンタンに掃除する方法が知りたいですよね。

このページでは、換気扇のフィルター掃除に最適な洗剤や、掃除の方法をご紹介していきます。

換気扇の掃除って本当に面倒だよね。いつもどのくらいの頻度で掃除してるの?
わかる~。最後に掃除したのはいつだったかなあ……(苦笑)

Sponsored Link

換気扇フィルターの掃除の頻度は?

最も手間のかかる換気扇のお掃除、どのくらいの頻度で掃除をするのが良いのでしょうか?

換気扇の蓋の奥にあるファンについては、半年~1年に1度のペースでのお掃除で十分ですが、換気扇フィルターの理想的なお掃除頻度は、に1度です。

長くとも3か月に1度は掃除を行うほうが好ましいでしょう。

 

換気扇の掃除を放置してしまうと、以下のような問題が起こり得ます。

  • 換気扇から異音が発生する
  • 換気されず、異臭が漂う
  • 電気代がかかる

換気扇の吸いが悪くなる事で、より強いパワーを使うため電気代までかかってしまうのは避けたいですよね。

最悪の場合故障につながりますので、理想的なお掃除頻度で掃除をしていきましょう。

換気扇フィルターの掃除に最適な洗剤は?

換気扇のフィルター掃除の際、最も気になるのは「油汚れ」ではないでしょうか。

ベトベトとした油汚れがついたフィルターを見ると、掃除をするのをためらってしまう事もありますよね。

そんな油汚れをスッキリと落としてくれる洗剤2種類をご紹介します。

手ごわい油汚れに効く「アルカリ性洗剤」

ベトベトとした手ごわい油汚れを分解してくれるのが「アルカリ性洗剤」。

ドラッグストア等で簡単に入手でき、効き目は強力で短時間で油汚れを分解してくれます。

効き目が強力な分、素材を傷めてしまうことも事実ですが、年末などの忙しくて時間がないときや、ガンコな油汚れを落としたいときにおすすめです。

超万能洗剤「重曹」

今やどこのご家庭にも常備されている「重曹」。

重曹は料理に使うだけでなく、水回りの掃除や消臭効果などにも注目されていますね。

そんな万能の重曹は、実はアルカリ性の性質を持っているのです。

 

先にご紹介した「アルカリ性洗剤」に比べると弱いアルカリ性ではありますが、重曹にも油汚れを分解・吸着する力があるのです!

市販されている洗剤に比べ効果はゆるやかですが、素材を傷めにくく人にも優しいので、月に1度のフィルター掃除には重曹がおすすめです。

ここからは、油汚れまで分解してくれる重曹を使った換気扇フィルターのお掃除方法を詳しくご紹介していきます。

換気扇フィルター掃除に必要なもの

まずは、換気扇フィルター掃除を始める前に必要なものを準備をしましょう。

用意するもの

  • 重曹(粉末のまま)
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 新聞紙
  • ゴム手袋

たったこれだけです。

どこのご家庭にもある道具で、換気扇をきれいにお掃除できるのは嬉しいですね!

換気扇フィルター掃除の方法

それでは早速、重曹を使った換気扇フィルターのお掃除方法をご紹介します。

  1. ゴム手袋を装着し、空いたスペースに新聞紙を広げて敷きます。
  2. 換気扇からフィルターを外し、油で汚れた面を上にして新聞紙の上へ置きます。
  3. フィルターに、表面が見えなくなる位まんべんなく重曹を振りかけます。
  4. 油汚れがひどい箇所には多めに重曹をかけ、手で馴染ませましょう。
  5. そのまま約3時間放置します。
  6. 使い古しの歯ブラシで汚れをこすり落とします。
  7. フィルターをぬるま湯で洗い流したら完了です!

以上の掃除方法のポイントとしては、手順6までフィルターを水で濡らさないことです。

なぜなら、フィルターについた油に水を足してしまう事で乳化し、かえって汚れを落ちにくくしてしまうからです。

油を吸着してくれる重曹に任せてじっくり待つ事で、よりお掃除が楽になりますよ!

へぇ~、換気扇のフィルター掃除って意外と簡単にできるのね!
本当だね!私さっそく今週末にやってみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です