工藤勇一(校長)の経歴プロフィールは?カンブリア宮殿2019年9月26日に出演!

麹町中学校の校長である工藤勇一さんは、林修さんが会いたいというほどの人物です。

定期テストを廃止したり、宿題を止めるなど、改革を行って注目されており本日9月26日のカンブリア宮殿に出演します。

いったいどんな話しが聞けるのでしょうか?

 

ここで、工藤勇一さんの経歴や講演の様子などを確認しておきましょう!

 


工藤勇一さんが出版している本は?

工藤勇一さんは、本を出版されています。

「学校の『当たり前』をやめた。生徒も教師も変わる!公立名門中学校長の改革」ということで、なんとも興味深いタイトルが付いている本を書かれております。

 

工藤勇一さんのプロフィールは?

工藤勇一さんの経歴・プロフィールを調べてみました。

山形県出身で、出身である山形県で教諭をした後、東京にきてからも東京で数校、中学校教諭をされているんですね。

名前 工藤勇一(くどうゆういち)
生年月日 1960年
出身地 山形県
最終学歴 東京理科大学卒業
経歴 山形県中学校教諭

東京都中学校教諭

目黒区立目黒中央中学校副校長

新宿区教委指導課長

千代田区立麹町中学校

 


千代田区立麹町中学校って?

今、話題となっているのが、千代田区にある「千代田区立麹町中学校」です。

区立でありながら、義務教育である中学校でこんな抜本的な改革ができるなんて、すごいですね!

学校名 麹町中学校
所在地 東京都千代田区平河町2丁目5−1
電話番号 03-3263-4321
設立 1947年4月1日

 

工藤勇一さんが改革したメソッドとは?

話題になっている工藤勇一さんですが、実際に行った改革・メソッドはどのようなことなのでしょうか?

2019年9月26日放送のカンブリア宮殿でも紹介されるかと思いますが、おさらいしておきます!

  • 宿題なし
  • クラス担任制の廃止
  • 中間・期末試験の廃止

宿題や期末試験がなかったら、どのタイミングで勉強をすれば良いの?と思ってしまいますが、逆にこう行った取り決めがない方が、自主的に勉強をするのかもしれないですね。

「勉強」というと堅苦しく感じてしまうかもしれませんが、「知りたいこと、興味のあることをもっと深く知る機会や時間を持てる」のかもしれないですね。

 

宿題や中間テスト・期末テストが無いということで、生徒の自主性を育てる、というのはなんとなくわかる気がするのですが、「クラス担任制の廃止」とは一体どういう効果を期待しているのでしょうか?

カンブリア宮殿で掘り下げられるのを期待したいですね!

「麹中塾」とは?

工藤勇一さんが改革をしている麹中学校には「麹中塾」というものがあるそうです。

こちらはサークルとか部活といったイメージのもので、放課後に活動をされているそうです。

「補習塾」と「発展塾」に別れていて、「補習塾」ではその名の通りこれまでの学習の補習を、「発展塾」ではより高度な内容を大学生にサポートしながら学んでいけるそうです。

日本は「飛び級」というのがありませんから、数学で「もっと知りたい!」と思っても、来年になるのを待つくらいしかやることがありません。

塾というのも他の学年用の塾に通うのもなかなか難しいと思いますしね。

個人的な家庭教師を雇うか、自主勉強する以外には、「来年、その授業が進むのを待つ」しかできませんから、せっかくの「もっと知りたい!」という気持ちをくじいてしまうこといなりかねないですよね。

だって、来年までその興味が続いているかなんて、わかりませんしね。

 

それなら、こうした「発展塾」で大学生にサポートしてもらいながら、自由に発展した学習ができるというのは、すごく良い環境に思えますね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です