Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パン粉なしでハンバーグはできる?代用は食パン・おからでも良い?

パン粉なしハンバーグは作ったことはありますか?

『今日はハンバーグにしよう!』とメニューが決まり作り始めたものの…

いざ混ぜる時に『あ、パン粉がない…』なんて経験はありませんか?

私はそんな経験しょっちゅうあります!そんな時に代用できるものがあれば、メニューを変更せずに済みますよね。さっそくご紹介します。

Sponsored Link

 一般的なハンバーグのレシピ


まずはハンバーグの材料と作り方を確認していきましょう。

材料(2人分)

  •  挽肉 200g
  • たまねぎ 1/2
  •  パン粉 1/4カップ
  • 牛乳 大さじ2
  •  卵 1
  • ナツメグ お好みで
  •  塩 小さじ1/4
  • 胡椒 少々
  • サラダ油 大さじ1
  • 水 50cc
  • トマトケチャップ 大さじ2…☆
  • 中濃ソース 大さじ2…☆
  • 赤ワイン 大さじ2…☆
私は普段目分量で作ります!赤ワインもない時は料理酒で代用します。

 作り方

  1. たまねぎをみじん切りにし、サラダ油で炒めます。
  2. パン粉は牛乳を入れてふやかしておきます。
  3. ボウルに挽肉、たまねぎ、卵、パン粉を入れて、塩胡椒、ナツメグを入れ、しっかりこねます。
  4.   ハンバーグをお好みの大きさに整え、真ん中をくぼませます。
  5. フライパンで両面焼き色がついたら水を入れて蓋をし、5分ほど蒸し焼きにします。
  6. 材料☆をひと煮立ちさせてソースを作り完成です。

 パン粉の代用品は?


パン粉の代用品となる食材は、どのようなものがあるのでしょうか。

食パン

挽肉が200~300gなら、食パン8枚切り1枚を細かくちぎって牛乳でふやします。

こねる時、いつもよりタネが柔らかく感じますがそれでOKです。

食パンで代用したハンバーグのお味は…

ふんわり柔らかい食感に肉汁がジュワーと溢れます。

食パンの甘みがうまみとなり、までにないフワフワなハンバーグを作ることが出来ます!

一度作ったら食パンが欠かせなくなるかも知れないですね!

おから

挽肉が200~300gなら、おから70~100g程度をダイレクトにボウルに入れてこねます。

いつもよりタネがパサつくように感じますが、片栗粉大さじ1/2+牛乳大さじ3入れることで軽減されます。

おからで代用したハンバーグのお味は…

さっぱりとした味わいになり、和風のソースが合いそうです。

おからはヘルシーな食材なので、低カロリーでダイエットにもおすすめです!

挽肉とおからの分量を自分好みで調整しても楽しめそうです。

他にも、パン粉の代用品はあります。

豆腐

お肉のカサ増しによく使用されますよね。

挽肉が200~300gなら、豆腐1/2丁を入れます。

カロリーオフ・ハンバーグとしてもおすすめです。

片栗粉

タネがまとまりやすく、肉汁たっぷりのハンバーグになります。

挽肉が200~300gなら、片栗粉大さじ2~3を入れます。

私は片栗粉をパン粉の代わりに使うことが多いです♪

そもそもパン粉の役割とは

パン粉の役割

  • 余分な肉汁を吸ってジューシーなハンバーグに仕上げる。
  • 材料のつなぎになりタネをまとめやすくする。
 むしろパン粉の代わりに身近な食材を使う事で、よりジューシーなハンバーグやヘルシーなハンバーグを作ることが出来ます。
パン粉なしハンバーグのレシピは多数存在しています。代用品としてではなく、進んで試してみたくなるような魅力的な食材ばかりですよね。

 
Sponsored Link

 パン粉なしハンバーグはアリ!

結果、ハンバーグはパン粉がなくても作ることが出来ます。

ソースも代用品で作れる?

ソースもケチャップがなければ、代用品で作ることができます。

  • 料理酒
  • めんつゆ
  • 水溶き片栗粉

フライパンでひと煮立ちさせるだけで、簡単にとろみのある和風ハンバーグソースが作れます。

卵や牛乳がなくてもOK

パン粉どころか、卵も牛乳もない!なんて時でも安心してください。

最小限の材料でハンバーグは作れます。

  • 挽肉
  • たまねぎ
  • 片栗粉

適量塩コショウで味付けをし、焼くだけで十分ジューシーなハンバーグは作れます。

まとめ

ハンバーグがさらに手軽で身近に感じませんか?

パン粉がない時はいくらでも代用品が存在していますし、ほとんど材料が揃っていなくても、挽肉・たまねぎ・片栗粉さえあればハンバーグは作れます。

いつものハンバーグより美味しく作れた!なんて発見にもつながりそうですよね。

マンネリ化しやすい夕食メニューに追加し、色んなオリジナルハンバーグが楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です